2007/8/4 | 投稿者: クロちゃん

はっきり言って長いです。(^_^)

これは、「しおじ山の会」の精鋭(とは言い難い)16名が無謀にして果敢に燕岳に挑んだ記録である。

クリックすると元のサイズで表示します

<燕岳お役立ちグッズ>
「抜かれることはあっても、抜くことのない。」しおじ山の会の行動に役立つのが小型無線機だった。先頭のサブリーダーと最後尾のメンバーが持って交信するのである。
「前から登山者5名、山側に寄って除けてください。」
「了解。後から2名来ています。先に行かせます。」
などと連絡し合うのです。総勢16名のメンバーは少し長い行列になります。
大声で指示するのはちょっと疲れる。
そんな時に便利な代物です。

「後から若い美女2名行きます。」
「了解。みんな手を触れないようにね。」(^_^)
追い抜く人は何故か早足になります。転ばないでね。


クリックすると元のサイズで表示します

さて、合戦小屋で一息入れたメンバーは燕山荘目指して行動開始しました。
合戦小屋13時35分出発
ここまで来てみんなの表情に余裕が伺えます。

合戦の頭13時55分到着・休憩
青空と燕山荘が見えて笑顔がこぼれました。
「合戦小屋から頭まで速い人で10分だって。」
「私達は……。」
「20分か…。これって普通よね。」
「異常です。」
山頂が見え隠れして、一喜一憂しながら進みます。
青空が見えたと言っては一休み。お花がきれいと言っては一休み。
一歩一歩感動を踏みしめながら進みます。

クリックすると元のサイズで表示します
合戦の頭にて青空が見えました。(^o^)丿


クリックすると元のサイズで表示します
うっすらと燕山荘も見えます。ここからが遠かった。


クリックすると元のサイズで表示します
岩場も笑顔で進みます。

そして遂に燕山荘に到着したのでした。15時10分。
会計担当の私が受付で料金を払います。
1人9,000円です。16名だから、えーと…。
計算できないので、向こう任せにしました。
そうしたら、10名以上の団体の場合、1人無料サービスとのことです。これは予期せぬことでラッキーでした。
もちろん、メンバーには正直に告げます。
「私は顔が良いので無料だそうです。」(^<^)
「えー、それじゃ俺が行けば2人は無料になったな。」

さてさて、天気も良いので山頂往復に向かいます。
泊まる部屋は、最後の急登の階段を登って、「ゴチン!」「イテッ」で屈んで降ります。荷物を置いて山頂に向かいました。
早くも「ビール、ビール」とおねだりするメンバーを引きずるように小屋を後にしました。
なかなか来ないメンバーもいましたが、その行動の真相は分かりません。

強い団結力でここまで来たメンバーに、その気持ちは残っておりませんでした。
各自、好き勝手に進みます。一応、山頂方向に進んでいるので安心なのですが……。

「イルカ岩と槍ヶ岳」の撮影。今回の課題のひとつです。
残念ながら、槍ヶ岳は雲の中でした。
「槍は見えないね〜。」と言いながら、野口吾郎岳方面を見つめるメンバー達でした。(方向が全然違います。)

クリックすると元のサイズで表示します

期待していたコマクサは、今が見頃と咲いています。
「高山植物の女王コマクサ咲く燕岳」を今回山行の参加呼びかけにしていましたので、参加を募った私は正直ホッとしました。
ただ、心無い登山者が保護用のロープの中に入ってコマクサを撮影したらしき踏み後があちこちに着いていたのは残念に思いました。
「自分だけ良ければ…。」の浅ましい人間の縮図を垣間見た気分でした。
故に、私は今後「燕岳のコマクサだよ。」と接写した写真を見せられたとしても感心しません。

クリックすると元のサイズで表示します    クリックすると元のサイズで表示します

もうひとつ、ライチョウに遇えるかと期待がありましたが、今回は不在でした。その代わりに猿の集団が手招きしていました。
猿はこちらの様子を伺っては走って行きます。
気がつけば、当会メンバー以外の登山者の姿がなくなっていました。
もう、夕食の時間が近づいています。

クリックすると元のサイズで表示します
大人の子供遊びです。もう、戻るよ〜。

さてさてさて、感動の燕岳山頂付近をウロウロして燕山荘に戻れば、やっぱりビールです。大ジョッキ1,000円(中ジョッキ800円)ビールを口にしたこの瞬間が一番の感動だったかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します    クリックすると元のサイズで表示します
幸せそうな顔です。

夜は満月に雲海、少し肌寒い風が快感でした。
呑むだけ飲んでバタンキューです。

翌朝、3時に目覚めて外に出ました。
どんよりと曇っていました。誰もいない小屋の外でぼんやりと遠くを眺めておりました。
4時、本降りの雨となりました。
下山が憂鬱になってきました。

朝食を済ませて、雨具にスパッツを着けて完全装備で外に出ると、今回初めて槍ヶ岳が姿を現しました。
雲に負けまいと必死に姿を現したその姿は「また来いよ〜。」と語りかけているようで、自然と熱いものが込み上げてまいりました。

クリックすると元のサイズで表示します

やがて雨も止み、名残惜しみながら無事下山したのでした。
普段、「筋肉痛って何?」とうそぶいている私が、翌朝起きると膝上の腿に痛みを覚えました。心地好い懐かしい感触です。

そうか!狭いバスの中で窮屈だったからだ!!
まだ強がってみせています。(^_^)


ご覧いただきありがとうございました。
0




AutoPage最新お知らせ