2007/10/16 | 投稿者: クロちゃん

私がボクシング観戦に興味を持ったのは、フライ級の世界チャンピオンの大場政夫が交通事故で最後を遂げたニュースを偶然目にしてからだった。
当時も、特集番組的なものがあって、大場の健闘ぶりが画面に映し出された。
連打、連打で相手をノックアウトするシーンにすっかり魅了された。

それから後…。
印象に残るボクサーに“炎の男”“カエル飛び”の輪島功一、“幻の右”のガッツ石松、“カンムリワシ”の具志堅用高がいる。


これは私に残る記憶であるが…。

輪島は当時のジュニア・ミドル級という重い階級でチャンピオンになった。
そして、勝つのも負けるのもKOという印象が残っている。
負けた試合で、ダウンしても、ダウンしても立ち上がる姿に、「もう、立つなあ。」と心の中で叫んだ。
そして、2度、3度とチャンピオンに返り咲いた。
まるでアリスの「チャンピオン」の歌のようなボクサーだった。

ガッツ石松は、三度笠の旅人スタイルでリングに登場して、当時一番強豪がひしめくとされたライト級のチャンピオンになった。
失礼ながら、「幻の右」はゴンザレスにしか通用しなかったように記憶している。またまた、失礼ながら、KO勝ちした後、ロープに登って手を上げようとしてそのままリングに転げ落ちたシーンが頭に焼き付いている。
勝利のインタビューで今何をしたいかと聞かれたとき、「バケツ一杯の水を飲みたい。」と真顔で言ったことが妙に記憶に残っている。
やはり、タレントの才能があったのでしょう。
強いというより、楽しい印象の残るボクサーだった。

そして、具志堅である。当時のジュニア・フライ級でチャンピオンとなって防衛を重ねたボクサーだ。
私は具志堅の試合だけは見逃さなかった。新婚旅行で沖縄に行ったとき、具志堅用高記念館に立ち寄って、具志堅のお父さんと記念撮影したほどの熱の入れようだった。
何しろ、具志堅は強いという印象があった。次々とKO勝ちの試合を続けた。

具志堅が負けた日…。
相手のパンチにニュートラルコーナーに座り込むようにダウン。セコンドからタオルが投げ込まれた。
このシーンに「ふーっ」とため息がもれて、何とも言えない寂しさを感じたのを覚えている。

以上が、私の心に残る英雄の想い出だ。記憶だけに、真実と違っているかもしれない。
でも、私の心の奥にずっと残る真のチャンピオンだ。

今は…。
騒ぎが大きいばかりで、私の心に残る本当のチャンピオンはいない。
この間の話題になった試合もイライラしながら、そして、観なきゃ良かったと後悔した。
0




AutoPage最新お知らせ