2007/12/16 | 投稿者: クロちゃん

秩父から車で3時間…。
山梨県の日向山は甲斐駒ヶ岳の展望の山です。

それも楽しみのひとつであるが、花崗岩の白い山肌を見たかった。

クリックすると元のサイズで表示します


『日向山は西端に出ると雁ケ原といって、花崗岩が風化した白砂の斜面が広がっている。その中に小さな岩塔が乱立している。ここからの展望は素晴らしい。』

クリックすると元のサイズで表示します

事前の情報はこれだけである。
秩父発午前6時00分。林道脇の駐車場に9時5分前に到着した。
止めてある車は2台と意外に少ない。師走ですからね。

そそくさと準備して登り始める。途中には「10−1」とか標識があるので目標となる。

クリックすると元のサイズで表示します
途中にブナの巨木

「白い綺麗な砂浜ですよ〜。2時間くらいですかね。」
ルンルン気分で登った。やがて登山道に残雪が目立つようになる。

クリックすると元のサイズで表示します


実際には、山頂まで1時間30分だった。ちょっと物足りない距離だった。
そして…。

「おおーっ、白い綺麗な…。」

雪の斜面でありました。少しだけ落胆…。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、雄大な八ヶ岳、甲斐駒ケ岳が…。

雲に覆われていました。
凍えそうな冷たい風の中で粘っていると…。ちょっとだけ甲斐駒ケ岳がご褒美にと姿を現しました。

クリックすると元のサイズで表示します


後続のハイカーの方が甲斐駒ケ岳を指差し「良い山ですね。何ていう山ですか?」と声をかけて来た。(えっ、えー、それを知らずに登って来たの?)
「………。」顔が引き攣りそうになって3秒間絶句。我に戻って「甲斐駒ですよ。」と応えた。

手がかじかみ、うまく箸が持てない状態で昼食として、来た道を駆け下りた。
途中、これから登る方達に大勢出会った。山頂から50分で駐車場に辿り着けば、そこは満員御礼の車が止まっていた。

この山は登山道もしっかりしていて、初心者でも十分楽しめるコースです。

注)山頂から錦滝への周回コースは通行止めとなっています。
0




AutoPage最新お知らせ