2007/12/23 | 投稿者: クロちゃん

秩父の象徴、秩父の名山、山岳信仰の山「武甲山」…。

現在の異様な姿は誰もが言葉を失ってしまうのではないだろうか。
「山頂を失くした山」、採掘により絶滅危惧となった自生の「チチブイワザクラ」は幻の植物となった。

クリックすると元のサイズで表示します


昔、むかしのことじゃった。
秩父谷の外れに住む少年は傍にいるおばあさんに聞いた。
「ドーン、ン、ン、ン」
「おばあちゃん、何の音?」
「武甲山が『痛いよ〜』と泣いている音だ。」

少年は黙っておばあちゃんの手を握り武甲山を見つめた。
「もう、やめてくれー。」
武甲山が泣き叫んでいるように思えた。



成長した少年も武甲山も昔の姿に戻ることはできない。
「ドーン、ン、ン、ン」
今日も武甲山は泣き叫んでいた。

哀れな姿になった武甲山を見つめても私には何もできない。
いつの日か、秩父から武甲山は消えてしまうのだろうか…。

歳末の武甲山から秩父の街が墨絵のように見えた。

クリックすると元のサイズで表示します


◆表参道の釣堀下の道路は崩落して車の通行不能です。
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 武甲山 秩父




AutoPage最新お知らせ