2008/1/13 | 投稿者: クロちゃん

天気情報は心底信じていません。数々の裏切りに私の心は歪んでいます。
しかし…。今日は絶望的な予報でした。

それでも、大切な休日を楽しく過ごそうと出掛ける準備をしていた。
外を見ると、どんよりと雲ってはいるが降っていない。武甲山の見えないのが気になるがどうにか持ちそうだ。
「やっぱりな…。」自分を正当化していた。


いざ出発と外に出た途端、ポツポツと来た。
「むむ…。」
予報で、これだけ降ると言っていたのだから降るのだろう。これからますます崩れる予報だ。止めとこう。今回は素直に予報を信じようとした。
咄嗟の判断で諦めた。自分は正しい判断と決め付けた。

雨はすぐに止んだ。でもこの判断は正解だろうと更に自分を正当化する。
それでは、冬用のスタッドレスタイヤに履き替えようと取り掛かる。
ところが…。

何だ、おい。ナットがきつくて動かないじゃないか!
タイヤのナットは人力では太刀打ちできないほど強く締められていた。
確かに安全を考えると強く締めるのにこしたことはないだろう。
しかし、家でタイヤ交換だからまだ良い。山の中でパンクしたらどうするんだ!
この時、イラつく頭の中で冷静にそう思った。思考能力、判断力は少し残っていた。確か、1年前に新しいタイヤに交換して以来だからあの店だ。
思考回路が過去を遡った。

今日の暦は…。
やっぱり仏滅だった。こんな時だけ暦を気にする自分であった。

それにしても、雨も雪も降らねぇじゃないか!!

今日の私の判断は誤りだったのだろうか…。残された時間は不貞寝しかないかな。
あ〜ぁ。意気消沈…。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、午後に本降りの雨となったのを見て喜ぶ変なヤツになっていた。
0




AutoPage最新お知らせ