2008/1/19 | 投稿者: クロちゃん

空白の時間、前回の続きです。

クリックすると元のサイズで表示します

チャッチャチャー、チャチャチャチャー、チャチャチャー♪

翌日、疲れた表情でヤマさんが真相解明の説明に現われた。
「ボス、どうやら真相が解明できたようです。」ヤマさんはあごに手をあてた。
「ヤマさん、ご苦労だったな。それでこの事件の真相は?」ボスは真剣な顔になった。

ヤマさんは静かに事件の真相を話し始めた。

『目撃者と会った後、ガイシャはまっすぐに多峰主山に行っていません。前から引っ掛かっていたのですが、このことでようやく事件の全容が解りました。
あの後、ガイシャは御岳八幡神社に立ち寄っています。理由は解りませんが、たぶん、景色が良いのではと思ったのでしょう。しかし、ここは展望がありません。すぐに引き返して多峰主山に向ったと考えられます。

クリックすると元のサイズで表示します

多峰主山に14時頃に着いた形跡がありました。ここで景色を眺めていたようです。ここには大勢のハイカーがいて、怪しいガイシャらしき人物を目撃していました。どうも、それまでの鬱憤晴らしで大休憩をとっていたようです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
武甲山の横顔も見えた


次の天覧山には14時50分頃着いていますから、多峰主山には20分くらいいたでしょう。
そして、この後の足取りに不自然さがあります。

クリックすると元のサイズで表示します
都会が近くに見えた。富士山も見えたが逆光であった。


クリックすると元のサイズで表示します

飯能駅に向って普通なら30分もあれば着くはずなのに天覧山から50分後に飯能駅に現われました。
私の推理では、相当道に迷ったものと考えられます。
そして、飯能駅から4時16分の秩父行きの電車に乗っています。
ここも空白の時間がありました。』

クリックすると元のサイズで表示します
天覧山の近くに十六羅漢

「ヤマさん、ご苦労さん。さすがは「落としのヤマさん」だ。しかし、こうは考えられないだろうか。ガイシャは都会の道に慣れてないので駅までの道に迷った。そして、秩父行きの電車は30分に1本程度だから、3時40分に飯能駅に着いたガイシャは次の4時16分発の電車に乗るしか手がなかった。」ボスは自慢そうに説明した。

「ボス、これで点と線がつながりましたね。しかし、今回私は何も落としていませんが…。」ヤマさんはニヒルに笑った。
(どこに点と線の関係があるんだ〜。)

「ところで、ヤマさん、今回のガイシャは何の被害に遭ってるんだ。」
「さて?」
「ボス、これは迷宮入りですな。」
ボスは窓から外を眺めて、ヤマさんはあごに手をあてて考え込んでしまった。

チャッチャチャー、チャチャチャチャー、チャチャチャー♪

おしまい
0




AutoPage最新お知らせ