2008/1/21 | 投稿者: クロちゃん

仁田山峠から急坂を登り、竹寺から子の権現を訪ねて天目指峠経由で奥武蔵を歩きました。

クリックすると元のサイズで表示します

今回も参加メンバーから色々と学びました。山歩きは頭の体操になります。
「今年の最初の山行が干支の子の権現なんて、素晴らしい企画だね。」
「え?そうなの…。えーと…。」干支がえーとで、まあ、えーか。(^^♪
「あれ?そういう企画なんでしょ!?」事務局の企画力を賞賛する声でした。

「そうそう、なかなか粋な企画でしょ。」(言われるまで気付かなかった)(^_^)
子の年の子の権現ね。これは良い企画だったな。忘れないうちに…。φ(..)メモメモ

「急坂って、この坂のこと〜。」仁田山峠に向う坂を登りながらメンバーが言った。
「いえ、まだこの先です。ここは急ではありません。」普通の坂です。普通の…。
「じゃあ、ハチ坂ね。」私に向ってニコニコしながら言った。
「ハチ坂?」そんな坂あったか?下を向いて無口になる私であった。
「キュウの前だからハチ坂でしょ。」これはまた上手な表現だな。忘れないうちに…。φ(..)メモメモ

クリックすると元のサイズで表示します
竹寺にて…。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「名栗の役場駐車場を何時に出発だったっけ〜?」時間を忘れたメンバーの声がした。
「8時ちょうどのあずさ2号で〜♪」美声が山間に木霊した。
「いちいち歌にしなくてよろしい。7時50分ね。φ(..)メモメモ」何で10分引くんだ。(^^♪

そもそも、今日は朝からピントの狂ったことばかりであった。ボケの連発である。真面目で堅物の私はとてもついていけない。ハァ〜。
(えっ、私が一番先頭走っていますか…。うーむ。)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「今日は電車乗って楽しいな〜。早く駅行きましょ。」突然、参加が出来なくなったメンバーが一番最初に集合場所で待っていた。
「あのね。今日はマイカー分乗って、山行計画に書いてあったでしょ。」さりげなく計画書のコピーを差し出した。
「あっ、そうなの。これ読まなかったよ。」あっけらかんと笑う。
読まずに時間に合わせて集合場所に現われるとは、やはり只者ではないな。

竹寺から子の権現を詣でて天目指峠に向う途中、私はどうも気になって、考え込んだ。
「クロちゃん、元気ないぞ。どうしたの?」
「いや、今日はなぜか、会う人が少し婆や爺が多いようで、若い人がいないなあって思って…。」
「ここにいるじゃない。若い活きの良いメンバーが、(-^〇^-) ハハハハ」チラッと見て更に気落ちしていく自分であった。

「あっ、そうでした。そうでした。若い元気なヤング婆がいっぱいですね。」精一杯の誉め言葉を口にした。
(ポカッ、イテッ)正直者は痛みもともなう。(^^♪
山は、元気な中高年が歩いて訪ね、若者はバイクで山を走っていた。
色々と頭の体操に勉強になる1日であった。

クリックすると元のサイズで表示します

この記事も頭の体操になりますか?
0




AutoPage最新お知らせ