2008/1/28 | 投稿者: クロちゃん

雪を踏みしめて丸神の滝に向った。
この辺りは秩父地方でも山間の谷間にあって寒い。
秩父地方に降った雪は、街の中はすっかり融けているのに此処だけは別世界であった。

クリックすると元のサイズで表示します

丸神の滝は全面氷結しているだろうと思っていたが、その期待は見事に外れた。
寒い中でもやっぱり暖冬の影響だろう。
静寂な世界に静かに流れ落ちていた。
途中にあった白い大きな雪だるまがこの周辺の積雪量を物語っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

丸神の滝は「日本の滝100選」に選ばれている。
滝の高さは、76メートル。1段目が12メートル、2段目が14メートル、3段目が50メートルの3段で形成されている。

クリックすると元のサイズで表示します

滝壺近くで見るのも臨場感があって良いが、遊歩道を辿ってあずま屋の展望台から全容を眺めるのもまた良い。

車で訪れるのが一般的であるが、しばらくは途中の道路凍結に注意が必要だ。

同行のキイくんはここを訪れるのが初めてだった。
「秋が良いねぇ」得意の言葉を口にした。
「台風の後が迫力あるだろうね。」私はまた良からぬことをことを口にして丸神の滝を後にした。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 丸神の滝 秩父




AutoPage最新お知らせ