2008/3/17 | 投稿者: クロちゃん

ドタバタ・ルンルン気分のメンバーが山に登った。
『後ろ美人』に今回は『前から美人』も急遽参加した。

「あっ、地図忘れた。」世の中はすっかり春です。
「俺も」「私も」「僕も」みんな頭も春です。
「何で晴じゃないんだ。」山は白く霞んでいた。

クリックすると元のサイズで表示します

定峰峠から堂平山を目指した。
このコースは初めてである。
「定峰峠まで車だからルンルン尾根歩きでしょう。」楽観的に考えていた。
地図はなくてもどうにかなるでしょう。
「私、地図持っている。」そんな中で頼もしい『前から美人』であった。
「おや?」私もザックに地図が忍ばせてあった。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし…。
現実は厳しい。最初から急な階段の登りであった。
「ここを登れば、あとはルンルンでしょう。」あくまでルンルン気分ムードにもっていく。
登りはどこまでも続いた。
「おかしい。地図で確認しましょう。」『前から美人』が地図を取り出した。

二人で地図を眺めていると…。
「あれ?クロちゃんのと同じ地図なのにコースが違う。」
「あのね。見ている場所が違うのよ。」定峰峠とは別の場所を指差していた。
『前から美人』はすっかりメンバーに溶け込んでいる。

クリックすると元のサイズで表示します

堂平山でようやく青空になった。
気持ちよい陽気に芝生の上に寝転んだ。もちろんお昼寝タイムとなる。

目覚めると、いつの間にか賑やかだった山頂は誰もいなくなっていた。
此処はのんびり昼寝するのに素晴らしい山であった。

今回、『後ろ美人』はニコニコしているだけで存在感が薄かった。


0




AutoPage最新お知らせ