2008/3/28 | 投稿者: クロちゃん

3月27日は「さくらの日」でした。
すでに桜便りがあちこちから聞こえて春爛漫を感じます。
どことなく、心浮き浮きしますね。

秩父の里もチラホラ咲き始めましたが、早く咲くのは若い木のように思えます。
老木は目覚めるのが遅いのでしょうか。
後から素晴らしい花を咲かせます。どっしりとした見事な花です。
桜の下で酔っ払うお花見も日本の風物詩です。
桜の散る下でのんびり昼寝もいいかな。
清雲寺では、、、無理だな。補導されてしまう。

「さくらの日」はこんな方程式もあるようです。

さくら=39ら

3×9=27日

もちろん、これはこぎ付けです。
頭も春爛漫のようです。

桜の下で 顔でかく 手足細る春かな
0




AutoPage最新お知らせ