2008/4/30 | 投稿者: クロちゃん

この花は私です。やっと綺麗に咲きました。
♪手を出せば落ちそうな、そんな岩山で♪♪

「足、踏み外したら間違いなくさよならだぞー。」
「余計に意識しちゃダメだよ。」
だが…。緊張する顔はなかった。
何でもないように見えて実は切り立った岩山の上で、笑顔を振りまくメンバー達であった。
咲いているお花が心をウキウキさせてくれた。

クリックすると元のサイズで表示します
西峰から南峰を眺める

「一生に一度だけ食える植物だ。」物知りのメンバーであった。
「若いうちを食うんだ。」すかさず人生のベテランが解説した。
「えっ、食べたことあるんすか?」驚きの若い衆が目をテンにする。
「いや、若いうちが間違えやすい。」人生のベテランは冷静に応えた。
猛毒の「ハシリドコロ」の花を見つめて植物学習が行われていた。
これも花物語(?)である。

花咲く上州の山に「しおじ山の会」メンバーが集(つど)った。
地図で見る物語山の往路のコースタイムは45分+45分の計1時間30分である。
事務局の私はこれを2時間半で計画した。

クリックすると元のサイズで表示します
石ガラガラの急斜面を登る。

結果は正解である。
牛歩戦術、カメ歩行を駆使して急坂の物語山を制覇した。
しかし、荒れた林道、急坂のガラガラの登り坂、手ごたえのある山です。
こんなお花にも出逢えました。

クリックすると元のサイズで表示します
ヒカゲツツジ。花言葉は「節制」

初参加のjeepさんにはどう感じただろう。
中高年パワーが西峰と南峰の鞍部で輪になって炸裂した。

クリックすると元のサイズで表示します

jeepさんは義理堅く、背負子に冷えたビールや酒をいっぱい背負って登ったことを下山後に知った。
どうも日帰りにしては荷物が多いと思った。

しおじ山の会では山行中の酒禁止令となっている。そのことを彼に伝えていなかった。
お気持ちだけ有難くいただきます。
会のみなさーん、ここにご報告しますね〜。(^^)/

クリックすると元のサイズで表示します
ここから見るメンベ岩は、甲冑をまとった戦国武者が笑って見つめているように見える。
上の方が笑っている顔に見えませんか?

きっとあの場所に、金銀財宝が眠っていると感じた。
次に行くときはツルハシにスコップを持参だ。
0

2008/4/29 | 投稿者: クロちゃん

天目山ピストンは楽かも…。そう思って有間峠を拠点として天目山ピストンを計画した。
事前の情報はほとんど入手しないで思いつきの計画であった。
5万分の1地図だけを確認していた。

8時40分。濃霧の中をスタート。
そのうち霧が晴れて、山頂からは富士山が見えるだろう。
そう信じての山であった。

同行のキイくんは事前の情報を調べていた。
「三ツドッケは山頂の木を勝手に切ってから、警察に出頭して罰金を30万円払った武勇伝がある。」
凡人には到底真似できない芸当である。
良い悪いは別として、大変興味を抱いた。

クリックすると元のサイズで表示します
霧が地を這う。

確かに、山頂からの展望は素晴らしい。晴れていれば…。ネ!\(_ _)
これだけの木を切ったとなるとチェーンソウを持ち込んだのだろう。

そういえば、秩父の焼山も以前は樹林の中であったが、今は武甲山の絶好の眺望の山となっている。
他県の人が話していたことを思い出した。
「秩父の山は眺望がないからつまらない。」


誤解されては困るが、私が諸手を上げて伐採に賛成している訳ではない。
しかし、訪れた登山者を喜ばせてくれる嬉しい出来事だ。
山頂の樹木を少し伐採したくらいでは自然破壊にはならないと思う。
本当の自然破壊は林道を造るために、たくさんの樹木を伐採して山肌を傷つけている行為にあるように思える。
あくまで個人的な見解であるが、伐採したあとに出頭した人に感謝したい気持ちで山頂に立った一人であった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

有間峠から一杯水避難小屋まで2時間半、帰路は2時間10分だった。
きついのは蕎麦粒山越えだけだった。
天目山山頂の伐採跡を目にして痛快な気持ちになったのは不謹慎であろうか。
訪れた多くの登山者がきっと喜んでいるだろう。

いや、これは決して真似してはいけません。
でも、本音は「素晴らしい山頂をありがとう。」心の叫びです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
一杯水避難小屋はだるまストーブのぬくもりが残っていた。
暖かい中で食事すると睡魔が…。(-_-)zzz

クリックすると元のサイズで表示します
「峰」と書いて「うら」と読む。ほぅ〜。φ(..)メモメモ

そうだ!
ちょっと怖い光景もあった.....(((^^;
そのことはまたの機会に…。
0

2008/4/28 | 投稿者: クロちゃん

これから天候は快復するはずだ。
晴れて素晴らしい展望になる。

アカヤシオが笑顔でお出迎えです。

クリックすると元のサイズで表示します

出発地点は霧の中だった。何も見えない。
朝なのに、夕暮れを感じた。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

これから天候は快復するはずだ。
頂上に着いた頃には富士山も見えるだろう。

これから天候は快復するはずだ。

これから天候は快復するはずだ。

これから天候は快復するはずだ。

出発から車に戻るまでずっと心の中で信じていた。

しかし…。
現実は厳しい。

天目山を目指して歩き始めた。

天目山(三ツドッケ)は1ヵ月後にまた行こう。

今回はその下見ということにした。

今回の詳細のレポは…。
ないかもしれない。\(_ _)
でも、少しだけ考えようか…。
0




AutoPage最新お知らせ