2008/4/2 | 投稿者: クロちゃん

たまには、こんな日もあるさ…。
自分の思い通りにならない。やること全てが裏目に出る。目的のものが逃げてしまう。
こんな日は呑んで寝てしまえ…。
「呑んで〜、呑んで、呑まれて呑んで〜♪」男は静かに眠るのです。

土曜日の朝、午前4時に目が覚めた。今日は久しぶりに釣りに出掛けようと準備した。
外に出ると…。昨日までの春の暖かさはどこかに消えて寒い。この時、少し気が重いのと不吉な予感を覚えたのだった。

目的の沢に向かった。林道終点に先行者の車が2台あった。先行者が目的の沢に入っているとは限らない。いや入っていても、すでに奥へと行っているだろうと思った。希望的観測である。
時計は7時半を回っていた。私の推測は見事に外れた。
目的の沢に着いた途端、目と鼻の先に先行者の姿があったのだ。
至近距離で先行者の後を着いていくのも馬鹿らしく、渓流釣りモードに入っていた気持ちは遠くに消えていった。

クリックすると元のサイズで表示します

こうなると…。
別の釣り場所もチラッと頭に浮かんだが、潔(いさぎよ)く釣りを諦めた。
さて、どうしよう。
「カタクリでも見に行くか。」そんな考えが浮かんだ。

弟富士山のカタクリは見事に咲いていた。続いて向かった清雲寺のしだれ桜は時期尚早だったが、春の心地良い風を感じて満悦の気分だった。ここまでは、一応満足できる行動だった。
この後…。

どうも今日はツイテいない。歯車が狂いっぱなしだった。
夕方の明るい時間帯、午後6時に今日の私の休日が終わった。

( ^.^)( -.-)( _ _)  (一休み…。)「はぁ〜」ため息をついて続きはまた…。

つづく
0




AutoPage最新お知らせ