2008/10/31 | 投稿者: クロちゃん

距離に関係なく休日の高速料金1000円!
遠くの山が頭に浮かびます。
これは利用しない手はない。距離に関係ないからあれこれ考えることもないです。
単純な私は大喜びではしゃいでいた。

たぶん諸手を上げて喜ぶ人も多いでしょう。


「でも、ガソリン代はかかるよな。」隣で冷静な奴が言った。

「あっ、そういうことになりますか…。」私もちと冷静になった。

冷静な奴は更に続けた。
「休みに出掛けさせて金を使わそうとしているのでしょう。」

ふうむ。なるほど!
一理ある。心の中で感心してそいつに言った。

「おまえ、あっちに行け」

冷静に考える前に行動だ。
「それで、いつから1000円?」

「………。」
「………。」
「………。」

あれ?

いつしか、周囲に人影は消えていた。

冷静な奴が多い職場である。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/10/30 | 投稿者: クロちゃん

今日は朝から寒かった。
それにしても今日は寒いな…。(~_~;)
部屋の暖房つけても暖まらない。

手がかじかんで、足も冷えている。
「どうしたのだろう?今日の私は少し変だ。」身体の異変に本当にそう思った。
病気の前触れだろうか…。
普段、風邪などひかないので、症状を忘れてしまった私は少し不安になった。

所用で別室に行った。
「暑い!」
そこは汗が滲むほどの暖かさだった。

「おかしいな?」暖房の温度を上げようとスイッチを見て気づいた。
そこには『冷房』の表示がされていた。
誰だ、冷房に切り替えた奴は!!
私は2時間以上も冷房の効いた部屋で耐えていたのだった。

「もっと早く気づけよ!」違う自分が囁いた。

それにしても、『誰だ、冷房に切り替えた奴は!!』犯人探しの目になった。

おや?半袖姿で元気に飛びまわっている奴がいる。
あいつか…。

しかし、確たる証拠はない。
0

2008/10/29 | 投稿者: クロちゃん

日経平均急落、高橋尚子引退、原監督WBC日本代表監督にと世間は騒がしいですが、そんなニュースを横目に、マイペースでまったく世の中の動きに無関係な記事を投稿しています。

はい、前日の「イザ!尾瀬沼へ」の続きです。


クリックすると元のサイズで表示します


大清水の駐車場からは緩やかな林道歩きが続きます。朝から右膝がビンビン悲鳴をあげておりました。普段、不真面目な準備体操の私が真面目にストレッチをしました。
歩き方もギクシャクします。こんな時は逆側の左脚に負担がかからないようにと意識して普通の歩き方をします。他の人に迷惑はかけられません。
ダメなら最初からリタイヤと思っていました。こんな経験は初めてです。他のメンバーに気付かれないようにと自分なりに平静を装いました。

休憩の都度、自然な素振りでそっと腰掛けました。『無理かな…。』そんな弱気な心にもなりました。
「えーい、オレは鉄人クロちゃんだ。」自分で自分に渇を入れます。

赤、黄、緑
クリックすると元のサイズで表示します


ほんのり汗ばんで来た頃一ノ瀬に着きました。赤黄緑の紅葉の景色に休憩場所として最適な場所です。ここでも、痛みを我慢してそっと腰掛けました。
ここから少し先で登りになりましたが、それほど辛い登りではありません。今日の状態は下りより登りが楽です。

十二曲がりの坂は指折り数えて進みます。
こうすることによって目標が分かるので疲れも感じません。たぶん九十九折れは十二だったと思います。指折りは両手で足りませんでした。
三平峠からは下り坂になります。またも右膝がビンビンひびいてまいりました。
「えーい、オレは鉄人クロちゃんだ。」渇を入れます。あぶら汗が滲みます。

そして、尾瀬沼です。正面に燧ケ岳がドーンとその雄姿を見せていました。
この先の大江湿原が今回の目的地です。周囲の景色に静かな尾瀬に感動です。
この時、また思い出そうとしていました。『夕べ、痛かったけど、かなり強烈に…。やっぱり痛かった。でも、どうしてそうなった?』肝心なことは覚えていません。


クリックすると元のサイズで表示します


元長蔵小屋横に、風の当たらない場所を賢く見つけ出してドカッと腰を下ろしました。
瞬間「ビビッ」と電気が流れたような感触でした。
ほんの少しの時間忘れていました。右膝の痛みです。
撮影に夢中のjeepさんとkeykunをshinさんが迎えに行きましたが、私は立ち上がるのを躊躇って座ったままでした。「俺は男だ!負けるもんか!」自分の中で葛藤しておりました。

昼食は温かいものをと工夫しました。
ワンタン餅入り味噌汁です。

クリックすると元のサイズで表示します


これが旨い!
新商品として売り出したら山なら売れるでしょう。食品メーカーに提供しましょうか。
街ではダメかな…。山ならではのご馳走です。
食事が終わって立ち上がった瞬間、ふらつきました。身体が重く感じます。
「えーい、オレは鉄人クロちゃんだ。」気合を入れました。

まったりのんびり「飲んびり」でこの周辺に3時間ほど滞在しました。

いつしか右膝の痛みは忘れていました。
そして…。
駐車場に戻った時には完治していました。shinさんからいただいた「アミノ酸」の薬が効いたようです。ありがとうございました。元気もりもりです。

今回は右膝のリハビリにもなった山歩きでした。これを逆療法というのでしょうか。
絶好調!(^○^)/
次は燧ケ岳を目指しましょう。

その後、右膝に痛みは感じません。やっぱり私は“変なおじさん”でしょうか。


岩魚は堂々と泳いでいました。
クリックすると元のサイズで表示します


注)普通の人は、真似して無理しないでくださいネ。(^^ゞ


尾瀬沼 完
0




AutoPage最新お知らせ