2008/11/18 | 投稿者: クロちゃん

オラは飲んじまっただ〜♪ 天国に行っただ 長い階段を 木道階段を オラは登っただ ふらふらと♪♪ オラはよたよたと のぼりつづけただ 垂直鉄ハシゴ ちょいと踏み外し〜。!!!!!
ヒュ〜〜…。
『ワー ワー ワッワー』;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

クリックすると元のサイズで表示します

『なあ、おまえ 神の山ちゅうとこは そんなにあまいもんやおまへんにゃ〜 もっとまじめにやれーー。』

クリックすると元のサイズで表示します

ゴロゴロゴロ…。どこまでも落ちていく、どこまでも、どこまで???
『○▲□★ ●△■☆ ○▲□★ ●△■☆』

クリックすると元のサイズで表示します



どこかでイビキの音が聞こえた。「ハッ」として目が覚めた。周りに…。
誰もいない。(・・ ))キョロ(( ・・)
「なんだ!?自分のイビキか。ところで…。」
\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?

「あれ?今鉄ハシゴから落ちたような気がしたが…。」どこも何ともありません。夢をみていたようです。

眩しくて目が開けられない。ぽかぽかと暖かくてとっても気持ちいい〜。ここは天国だ〜。
「さてと…。」回らない頭で考えた。(- .-)ヾ
「まだ眠い。」○Oo。。(_ _)))再びゴロリと横になりました。

段々と記憶が蘇ってきた。そうだ。山だ。山に来ていたんだ。
「おーい、富士山、元気か〜。」(ノ^∇^)/ヤッホー
榛名富士の向こうに白い富士山が見えました。

「(~ヘ~;)えっとー。」ここまで辿ったコースを思い出します。
天神峠、氷室山、天目山、七曲峠、ツツジ峠、松之沢峠、磨墨(するす)岩、行人洞、磨墨峠、そして相馬山の頂だ。
榛名外輪山の縦走です。


歩いたコースをカシミールで再現しました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


だいたい“榛名山”という名前から抱いた印象がいけなかった。此処は小学生の遠足の時に来ている。確か榛名富士で弁当を広げた。遠い記憶です。
「山をなめたらいけません。」\(`o'") コラーッ

天神峠からいきなりの急な木階段が続いた。登りきって「ホッ」としたら今度は急下降。
また木階段、そして登った以上に下りが待っていた。
またまた、またまた、いったいどこまで続くのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

途中で鼻歌が出てしまいました。

「思いこんだら 試練の道を 行くが男の ど根性 カエルだよ。」

このコースは「関東ふれあいの道」になっています。
なってはいますが、ふれあいどころか誰もいない。鹿も猿も熊もいない。遠くにメロディ道路の音楽が聞こえました。

この樹木がなければ、榛名富士が榛名湖が絶景だろうと思いながら木階段のアップダウンの道を進みました。

そして、遂に真打登場です。
磨墨(するす)岩の垂直ハシゴも楽しかったですが、このハシゴも楽しい。
「ホイ、ホイッ、ホイ」と登ります。

クリックすると元のサイズで表示します

急登を登りつめると神の聖域が待っていました。
遠く富士の山を見つめてグビッ。神様の前でグビグビ…。
あとは、バタリアンで高いびきです。
「ぐがー、くごー。」(-o-)...zzzZZZ乙乙乙

そして、どこからか声が聞こえたような気がしました。
『なあ、おまえ 神の山ちゅうとこは そんなにあまいもんやおまへんにゃ〜 もっとまじめにやれーー。』

クリックすると元のサイズで表示します


目が覚めました。さて、帰りましょう。
帰路は長い車道歩き地獄が待っていました。

クリックすると元のサイズで表示します




「さあて、帰りに桜山に行って、明日は両の神の山に行くべぇ。」(^○^)/
この時、両神山は相性の悪い山ということをすっかり忘れていたのでした。
0




AutoPage最新お知らせ