2008/11/22 | 投稿者: クロちゃん

山の会で日向山は雨でした。前日に両神山に登っています。両神山に近づくと雨になる。私の悲しいジンクスです。

これ話すと山の会のメンバーから白い目で見られるので黙っていました。自分に都合の悪いことは黙っているに限ります。
「忍法無視!」

しかし、偶然にしては出来過ぎの雨模様が続きます。
両神山は本当に相性が悪いのでしょうか。


山頂で今回は両神山が微笑んだと思いました。
その直後…。

晩秋の両神山の続きです。

下山前にもう一度、富士山を見ようとその方向に顔を向けた時でした。
富士山は見事に隠れていました。
それどころか、小鹿野町方面から暗雲が迫ってくるではありませんか!
両の神はまたも私を嫌ったようです。
私が何かしたか?


トイレは登山口と清滝小屋で清滝の如く静かに済ませたので特に問題はないし…。

清滝小屋(休業中)
クリックすると元のサイズで表示します

鎖場も静かに鎖使わないで登った。途中の弘法の井戸は「貧弱だ。」と罵ったけど言葉にしていない。

鎖場
クリックすると元のサイズで表示します

弘法の井戸
クリックすると元のサイズで表示します


神社にはお近づしに10円(遠縁)をお賽銭あげたし、オオカミの狛犬には「あっち向いてホイ!」は一度だけしたけど無視されたし…。

狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

龍の彫刻は睨んでいるようで怖いので「アッカンベー」としただけだ。
優しそうな石仏は頭ペタペタして通っただけでした。

龍の彫刻
クリックすると元のサイズで表示します

石仏
クリックすると元のサイズで表示します


いったい両の神は何が気に入らないのでしょう?
不思議な巡り合わせです。

下山はそんなことを想像しながら(はい、全て想像です。)清滝小屋に着きました。
ここの炊事場のあるテーブルを借りて昼としました。
メニューはカレーうどん!
寛いでいたら寒くなって来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここからは来た道をルンルンと駆け降りるだけです。
車に戻ると、雨は時間の問題と感じました。

合成写真
クリックすると元のサイズで表示します
「あわわわわ…。」帰路では石像が怖い顔で私を睨んでいました。


翌日、雨の日向山で楽しそうに笑う私でした。
「私の実力ですよ〜。カッカッカッ。」\(☆^〇^☆)/ 
「………。」( ・_・)┌θ☆( >_<)


なんで?
0




AutoPage最新お知らせ