2008/11/27 | 投稿者: クロちゃん

秩父盆地の東に連なる山並みに「ポニョポニョ」とユーモラスな形をした山が見える。
横瀬二子山です。「オッパイ山」なんていう異名もあります。
「二子山に行きましょう。」計画は前日の南天山の帰りに決まりました。


横瀬二子山
横瀬二子山 posted by (C)クロちゃん


「オイラ、朝ゆっくりが良いな。」キイくんの希望です。
(ゆっくりね。うーんと、6時じゃ早過ぎるな…。8時じゃ遅すぎかな?)頭の中で出発時刻がポニョポニョ駆け巡りました。
そして、たぶん「遅すぎる!」の返事があるだろうと想像して、「8時半でどおです〜。」切り出した。
「早過ぎる!9時にしよう。」あら、想定外のお返事…。

何はともあれ、出発時間が決まったのでした。
これは正解でした。
前日に飲み過ぎて、布団にバタリアンは午前様、しかも、朝7時過ぎまで意識不明の体たらくでした。

回らぬ頭と動かぬ体でなんとか準備を終えました。
「うーん、地球は回っている。」こんな時は大自然の偉大さを感じるのでした。
コンビニで食料を調達して最短距離の登山口からふらふらと歩き始めました。
「先に焼山に行きます。」植林の中の道を進みます。

焼山山頂からの眺めは絶景でした。これで、すっかり満足して山頂にドカッと座り込み昼食タイムです。
いつしか寝転んで空を見上げていました。

冬支度
冬支度 posted by (C)クロちゃん


「さてと…。」

目的地の二子山に向って歩き始めました。どうも本調子ではありませんでした。
途中で下山の道を見つけた2人は二子山を目の前にして下山するのでした。
「景色満足したから満足〜。」
「二子山に行っても景色はあまり変わらない。」
自分達の行動を正当化しながら尾根道を降ります。

「ポーニョポニョ♪」と鼻歌交じりの下山の道でした。


この人も武甲山でない方向にカメラを向けていました。
焼山から
焼山から posted by (C)クロちゃん

このお2人は完全に武甲山に背を向けていました。
遠く山並
遠く山並 posted by (C)クロちゃん


白く化粧した武甲山、もうすぐ妙見様が逢いに行くよ〜。(^^)/


コースタイム
9:00秩父−コンビニ−9:50登山口9:55…10:50武川縦走路…11:00焼け山12:35…13:20駐車場
0




AutoPage最新お知らせ