2009/4/2 | 投稿者: クロちゃん

ここは秩父市の乙富士山の山中…。
花は懸命に最後の優美さを魅せようとしていた。

時代遅れの天邪鬼は花の前に佇(たたず)み鼻歌を口ずさんだ。

クリックすると元のサイズで表示します


「遅かったのかい 君のことを 好きになるのが 遅かったのかい ほかの山を 愛した僕は 君を置いて 離れて行ってた 遅かったのかい 悔やんでみても 遅かったのかい 君はもういない」♪♪

この相当に古い歌を口ずさめる人は立派な中高年です。
この記事の題名と歌が合わない?
そう気付く人も立派な中高年です。(*^_^*)

クリックすると元のサイズで表示します

乙富士山(おとふじやま)はのんびり1時間以内で周回できる山である。
登山靴に重いザックを背負って歩くと目立つ山です。


↓ポチッと応援お願いいたします。m(__)m

ブログランキング 秩父花の山
0




AutoPage最新お知らせ