2009/4/6 | 投稿者: クロちゃん

滝川のこのコースは久しぶりであった。過去に岩魚・山女魚の実績のあるコースである。
挟間に深渕があって何箇所か高巻きを強いられる遊び場であった。
奥秩父の渓は一昨年の台風によってあちこちで渕が消え釣りのポイントがなくなっている。
果たして…。

山麓亭の先の駐車スペースに車を置いて滝川に下降する。急斜面の踏み跡を滑り落ちるように堰堤上に降り立った。
消えかけた踏み跡に今シーズンの入渓者が少ないことが容易に察知できた。

クリックすると元のサイズで表示します


すぐにミグロの通らずで高巻きする場所である。短い区間を執拗に竿を出した。魚信があると更に粘る。
ところが、やはり、想像はしていたが、最初の深渕は膝上程で通過でき、廊下も股上くらいで水線通しで突破できた。
優しい顔になったものだ。ちょっと寂しい気分である。
だが、昨年上の遊歩道から眺めた印象より復活しているように感じた。往年の姿に戻る日を期待したい。

クリックすると元のサイズで表示します


次の高巻き地点も川通しで楽々と通過できた。

クリックすると元のサイズで表示します


唯一岩場を小さく巻いてその先の堰堤も「こらしょ!」と越えた。
渓相は確実に戻りつつある。そう感じた。

クリックすると元のサイズで表示します


魚影?
魚はいるみたいです。ただ、私に騙されるようなウブな魚ではないようだ。
渓相復活と共にウブな乙女が遊んでくれる日を待ち望む滝川釣行でした。

腕が良ければ釣れます。たぶん…。
「今日はこのへんで」と沈黙を保ったまま渓を後にした。


↓ポチッと応援お願いいたします。m(__)m

ブログランキング 奥秩父・滝川
0




AutoPage最新お知らせ