2009/4/10 | 投稿者: クロちゃん

さくらを見ると思い出します。
自分がまだ若かった頃…。
清く正しく美しく夢と希望を抱いて花を見つめたあの日のことを思い出します。

梅は梅林、桜は桜並木…。
クリックすると元のサイズで表示します


俺がいたんじゃ お嫁にゃ行けぬ. わかっちゃいるんだ 妹よ♪
「さくら、旅の空の下でお兄ちゃんはおまえの幸せを祈っているよ。」

貧しさに負けた いえ 世間に負けた♪
「さくらと一郎」

なんでもかんでも みんな. 踊りを踊っているよ♪
「ちびまるこちゃんはさくらさん」
お姉ちゃんの名前知っている?

「さくら さきこちゃん」ていうんだよ。

うーん、清く正しく美しく昭和の時代を思い出す。


さてと…。色々考えましたが花見の宴で余興は決まった。

タッタタラリラ ピーヒャラ ピーヒャラ パッパパラパ♪
揺れるぽんぽこりん♪♪

腹踊りではありません。
さくらの春です。

しかし、肝心の花見の予定がないのでした。


0




AutoPage最新お知らせ