2009/4/15 | 投稿者: クロちゃん

この記録は西遊記をもじって群遊記と名付けました。すると、“天邪鬼風”孫悟空の誕生です。いかにも私らしい題名です。
そう、いつものように自分で自分を誉めています。
いくつもの難関を越え、最後に呆けるような天竺に到達しました。

クリックすると元のサイズで表示します


第一話はこちらから→甘い誘い・群遊記(第一話)

西遊記といえば妖怪です。群遊記にも妖怪が待ち受けていました。
その中で妖怪「とおせんぼう」が一番の難敵だったでしょうか。
幾多の試練を乗り越えてユートピアにたどり着きました。
このお話は少々大袈裟に表現していますが、天邪鬼の私が感じたすべて真実の物語です。

さて、坂を登りきると「天狗の広場」という場所に出ました。
此処にはポストが置いてあります。
これは…。
手紙を出すと鬼太郎さんに届くかもしれません。残念ながら紙もペンも持っていませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します


左に進むと小天狗とありました。その先に不動岩と書かれています。
はい、ポケットから地図を取り出して進むコースを吟味しました。
迷わず小天狗へと進みます。ここにも「岩登り禁止」の看板がありました。
そして、郵便受けが設置されていました。興味津々、中を覗くと登山ノートが入っていました。もちろん「クロちゃん参上」と書きました。ボールペンもあるんですね。親切な郵便受けです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここからは見晴しが良いです。でも、この日は妖怪「かすみ景色」が邪魔をしていました。
うーむ。「クロちゃん参上」は妖怪達に挑戦状にとられたでしょうか。
さっさと降参して不動岩に進みました。

クリックすると元のサイズで表示します


不動岩直下で…。
妖怪「垂直くさり岩」が立ちはだかりました。高所恐怖症ゆえすぐ降参してしまいました。
だって、「岩登り禁止」とありますからね。

クリックすると元のサイズで表示します


こうして最初の妖怪達を次々と退治して最大の難関に向いました。天邪鬼は強いのです。
途中、「出たな妖怪!退治してくれるわ〜。」こんなところに隠れていたのかぁ。

クリックすると元のサイズで表示します


あれ?よく見れば自分でありました。こんな場所を通過しないとならないのか。


この地図をご覧ください。
クリックすると元のサイズで表示します

天狗の広場から中天狗を目指しました。十字路の交差点です。しかも、どの方向に行くのも「胎内くぐり」を通らないといけません。果敢に挑戦しました。

クリックすると元のサイズで表示します


しかーし!

クリックすると元のサイズで表示します


手強い妖怪「とおせんぼう」が簡単に通してくれません。
「うっ、う〜〜。は、腹がつかえて通れない。」
ここを通過しないと先に進めないのか?さてどうしよう。
腹を凹ませて何度か挑戦しました。

クリックすると元のサイズで表示します


この後、天邪鬼がとった行動は…。
ご想像にお任せします。

「最大の強敵の妖怪も大したことなかったぜ!」妖怪「とおせんぼう」に背を向けて東屋に意気揚々と向かうのでした。

うん?イテテ…。頭をタオルが締め付ける〜。

この先になんと神の使いと修験の試練が待っていました。
斗雲(きんとうん)が欲しい。
そういえば、三蔵法師様はいずこに…。
小天狗の遊び場でようやく楽しい気分になりました。

あなたは誰?
クリックすると元のサイズで表示します

↓ポチッと応援お願いいたします。m(__)m

ブログセンター 群遊記
0




AutoPage最新お知らせ