2009/4/22 | 投稿者: クロちゃん

笠丸山には、住居附(すもうつく)から砂利道の林道を辿って登山道に取り付くのが一般的でしょう。
少し手前から登ると長い急坂が続くので下りに使います。

三ツ岩岳から移動して登山口に着くと、あらら、車は1台しか止まっていません。
「まだアカヤシオには早過ぎだったかな?」一抹の不安がよぎりました。
準備といっても靴を履き替えるだけですが、その間に次々と車がやって来ました。
「これは期待できそう。」一転してニンマリと出発です。

クリックすると元のサイズで表示します


しばらく歩くと道端にネコ飲めそう(間違い!)ネコノメソウ(花○)が群生していました。
スミレも咲いています。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


ニリンソウはちょっと早い時期のようでした。
このお花は?
フメイソウ
クリックすると元のサイズで表示します


やがて、地蔵峠の稜線に出ました。ここから山頂は近いです。
最後の岩場を登ればアカヤシオが咲き乱れる稜線です。

アカヤシオは…。
花○でした。(^○^)/

クリックすると元のサイズで表示します
2




AutoPage最新お知らせ