2009/4/25 | 投稿者: クロちゃん

杣みちの会で計画した信州の守屋山山行で目玉のひとつが高遠の桜だった。

暖かい日が続いていたので気になっていた。前日に観光協会のHPを開いた。

そこには…。
「4月14日散り始めとなりました。」
「4月16日落花盛んとなりました。」
「4月17散り終りとなりました。」
嫌な予感的中であった。

笹の草原をひたすら登ります
クリックすると元のサイズで表示します


こんな時、都はるみの歌が似合います。
「3日遅れの便りを乗せて〜♪」山行日は4月19日でした。

「さようなら、さようなら、元気でいてね〜♪」山の会の計画は年間計画で決めている。花は難しいとあらためて感じました。

心の中でこの歌を口ずさみました。



バカヤロ〜。

それでもメゲずに守屋山に向かいました。
当日はもちろん晴れ男の天気でした。
牧丘の道の駅から富士山が〜。(^O^)/

白く霞んでいました。(^o^;)

大丈夫、もう少し北に位置する山です。守屋山の山頂から360度のパノラマが〜。o(^▽^)o

白く霞んでいました。(・_・;)

クリックすると元のサイズで表示します


さてと…。
気を取り直して足下の可憐なお花を〜。(*^-^)b

「………。」\(_ _)
クリックすると元のサイズで表示します


ヒトリシズカの時間を過ごしましょう。
「良い山だったね。楽しかったね。次回の山も参加ねぇ。」メンバーの元気な喜びに満ちた顔はヒトリシズカではなかった。
花は遅かったけど楽しい山でした。

「はーい、みなさん、次の山はアカヤシオが彩る素晴らしい山ですよ〜。」次回の期待を胸に守屋山の山行きは終わった。
11




AutoPage最新お知らせ