2009/6/29 | 投稿者: クロちゃん

久し振りに天気情報のお姉さんが微笑んでいます。「週末は久し振りの行楽日和でしょう。」に、いつもに増してお化粧の乗りがよく美しく見えました。
こうなったら日頃の鬱憤を晴らすしかありません。山が青空が紫外線が呼んでいます。
早速、キイくんに計画をメールしました。

「えー、えっとー。今回は野反湖のキャンプ場で1泊2日の山です。1日目は手頃な八間山で準備運動です。キャンプ場でテント泊の酔い良い時間を過ごして、早朝から白砂山を目指します。以上。追伸、出発は6時です。」

はい、計画は大雑把で行きましょう。

何度かキイくんから問い合わせのメールが届いて、親切丁寧に返信する優しいクロちゃんでした。

クリックすると元のサイズで表示します


決行当日…。
予定通り朝6時出発。藤岡インターの手前のヨブンイレブンの買い物はすさまじく、2人合わせて5,000円を超えました。これで余った食糧持ち帰りは約束されました。
藤岡インターから渋川インターをあっという間に走りぬけ、国道をひたすら野反湖に向かいます。
青空の下、ルンルン気分でハンドルを握りました。秩父から野反湖はちと遠いです。
「それにしても、朝からずいぶん混んでるじゃねぇか!」予想外の大名行列にイライラ気味でした。トラックバス車


「あれ、ずいぶん捕まっているよ。」朝からスピード取締りで、たくさんの車が道路脇に停車中でした。
「今日の山は簡単ですから、ゆっくり行きましょう。」途端に周りの景色をも楽しむ優良運転手に変身です。
こうして、秩父から3時間15分の9時15分、野反峠に到着したのでした。

レンゲツツジがにぎやかに残っている中で、早咲きのノゾリキスゲを見つけて喜び、ハクサンフウロに「こんにちは」して、八間山を目指しました。

早咲きのノゾリキスゲ
クリックすると元のサイズで表示します

ハクサンフウロ
クリックすると元のサイズで表示します


頂上まで地図上のコースタイムは1時間20分です。
楽チンコースを2時間20分費やして登頂したのは何故でしょう?

オノエラン
クリックすると元のサイズで表示します



久々に登場…。
ボス「ヤマさん、星の足取りを追ってくれ」
ヤマさん「これは何か事件の匂いを感じますね。」
証言者「ぼ、ぼ、僕は見たんだな。八間山で発見だな。やっぱり。」

女王様と呼びな!!!(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
コマクサ
クリックすると元のサイズで表示します


謎を残してpartUに続きます。

ブログセンター 山の話題  blogram投票ボタン
1
タグ: 野反湖 八間山




AutoPage最新お知らせ