2009/7/22 | 投稿者: クロちゃん

鳳凰小屋テント場の朝は風の音で目覚めました。周りもボチボチ起きています。
おや?風の音と思ったのはガスバーナーの音でしょうか。いえ、やはり風の音が聞こえます。
午前3時30分起床。お湯を沸かしてコーヒー飲んで、身支度を整えました。
テントは張ったまま食料、雨具と貴重品をサブザックに入れて午前4時30分鳳凰山の頂目指して出発です。
結果的に、この早い出発が功を奏したと思います。


鳳凰山(観音岳)山頂・標高2840m
クリックすると元のサイズで表示します


Kさんから「先に観音岳に行って地蔵岳に周るコースが楽そうです。」の貴重な情報をいただいて、地図に『近道』とある樹林帯を登りました。
しばらく進むと前方から下山者です。元気のないうつむき加減に見えました。
「稜線は風が強くて、何も見えない。地蔵に周っても仕方ない。」消沈の情報を聞きました。
「負けるもんか!」自分に言い聞かせて進みます。

稜線に出る寸前でものすごい風の音が聞こえました。ここで雨具を着こみました。以前に風の中で雨具を着ようとして風に飛ばされてしまったという話を聞いています。これを教訓としました。

岩稜の分岐は恐怖の強風でした。
情報通りものすごい風です。腰を落として歩きますが、時々ふらつきます。コンデジを構えても風の影響でボケボケ画像ばかりとなりました。
「負けるもんか!」それでもこんな景色を撮影できました。


振り返ればオベリスク
クリックすると元のサイズで表示します


これどこだっけ???
クリックすると元のサイズで表示します


観音岳
クリックすると元のサイズで表示します


そして、ガスとともに雨も降り出しました。
薬師岳はきっぱり諦めて地蔵岳に向かいます。忍者のごとく現れたKさんはしっかりと薬師岳に向かいました。


オベリスクが〜。
クリックすると元のサイズで表示します


現れた。o(*^▽^*)o~♪
クリックすると元のサイズで表示します


賽ノ河原です。(-∧-;) ナムナム
クリックすると元のサイズで表示します


その後、オベリスクは隠れたままでしたが…。
テント場のお隣さんがやって来た瞬間でした。

おぉー、やはり明るい女神様だー。
クリックすると元のサイズで表示します


はい、今回の山は“関東のひとつ残し”でした。
いいえ、しっかり「ダケ3つ」ですよ。
鳳凰三山は観音岳・地蔵岳そしてタマゴダケでしたー。(^○^)/

クリックすると元のサイズで表示します


周回して鳳凰小屋に戻り、テントを畳んで午前9時に雨の中長い下山路を辿りました。
私は久しぶりに心地好い筋肉痛です。

鳳凰山 完

ブログセンター 山の話題  blogram投票ボタン

1




AutoPage最新お知らせ