2009/9/8 | 投稿者: クロちゃん

秩父から中央アルプス木曽駒ヶ岳は遠い地である。
休日のETC割引を使っても料金は安くなるが距離は縮まらない。(当然だろ!!!)\(`o’”)
しかし、時間が縮まる方法があったのです。

それは…。
秩父から雁坂トンネルを抜けてフルーツラインから勝沼インターを利用するのです。
信号がほとんどなく交通量が少ないので早いです。
ナビをセットすると、国道20号経由で甲府インターを示します。距離的にはこちらの方が近いのでしょう。しかし、交通量と信号の多さに高速に乗るまで時間が掛かり過ぎます。
ナビは勝沼インター入口を通過点に設定すると良い子のナビになります。

ちなみに、今回の行程は秩父〜黒川平駐車場間、往路3時間20分、復路3時間ちょうどでした。
往路はコンビニで買い物等がありましたので、やや時間がかかりました。


クリックすると元のサイズで表示します


さて、こうして駒ヶ根インターを降りて菅ノ台駐車場に到着しました。駐車場は案の定満車で先に先にと誘導されます。
黒川平に向かう途中で青空の宝剣岳が見えました。車内は当然のように大騒ぎになります。
車を止めて往復切符を買って並びました。この間が結構慌ただしかった。
いつもなら「忘れ物ないですか?」声を掛けるのですが、私自身も余裕がなかったみたいです。

クリックすると元のサイズで表示します


バスからロープウェイに乗り換えの列の中だったかな…。
「あら!コンビニで買ったおにぎりとパン置いてきちゃったわ。」
「あら!私も車の中だわ。」
忘れ物のハプニング続出でした。

山頂の昼食時…。
「あらぁ、置いてきたと思っていたおにぎりとパンがザックに入っていたわ。さすがに私ね」(*^―`)
「あーっ、オイラも弁当忘れてきた。あっ、あった!」(*^_^*)

忘れ物したと思いこんで、無意識に弁当をザックに仕舞ったのを忘れている面々でした。
こんなところは、さすがに中高年パワーです。

クリックすると元のサイズで表示します


教訓:馴れないバス・RW移動は声かけと落ち着いて行動しよう。

温泉に立ち寄って帰りの車内…。
「あら!ない!ないないない!!!」
「何がないのよ?」
「えーと、あれよ。あれ!あれ?私、何を探しているんだっけ?」

「あっ、ありましたー。」(=^0^=)

終始賑やかの中で無事に秩父へ帰りつきました。


ブログセンター 山の話題  blogram投票ボタン
2




AutoPage最新お知らせ