2009/9/24 | 投稿者: クロちゃん

富士見町の造林小屋広場にテントを張り、軽く入山祝いをやって寝袋に潜り込んだのは午前2時頃でした。正確な時刻は覚えていません。
寝たと思ったら朝を告げる携帯目覚ましが鳴りました。
朝4時起床…。

身支度を整えてまだ薄暗い林道を歩き始めました。
ひんやりした空気に頭は起きていますが身体はまだ眠ったままヨタヨタと歩を進めます。この日は西岳から編笠山を目指しました。地図上のコースタイムは7時間40分です。
ぐるり1周には適度なコースと思います。あくまで地図上のことです。

クリックすると元のサイズで表示します


不動清水の水場で顔を洗ったりトイレに行ったりしてたら明るくなってきました。林道歩きで汗ばみ、すっかり目覚めました。歩きながら準備運動ができました。ここの水は冷たく美味しいです。

クリックすると元のサイズで表示します


ここから単調な登りが続きます。樹林帯の中を直線的な登りです。花はトリカブトくらいで景色も見えません。
「絵もない、花もない。」いい加減うんざりする頃、突然開けた場所に出ました。
目の前にこれから向かう編笠山、富士山、南アルプスの山並みが望めます。ようやく八ヶ岳の一角に身を置く実感が味わえました。

ここから西岳山頂は一投足です。目の前の南アルプスにうっとり、遠く御岳も望めます。
首を90度回転させるとこれから向かう編笠山から権現岳方面が望めます。
逸る気持ちを押さえてゆっくり休憩しました。

クリックすると元のサイズで表示します


さあ、メインの編笠山に向かいましょう。一旦下り平坦な道を進みます。
編笠山への登り口である青年小屋に着いた時、いつものパターンになっていました。山頂を見上げると白い世界です。同行のkeykunと顔を見合わせて笑っちゃいました。

クリックすると元のサイズで表示します


青年小屋のベンチに腰掛けて早めの昼食としました。
「ビール飲む?」遠い飲み屋の看板に目が輝いています。
「いえ、これから登りがあるからやめときます。」飲んでの登りはきついです。
「ショーチュー飲む?」誘惑は続きます。
「お湯割りにしましょう。」素直な心です。
甘い誘惑に弱い2人は宴会となるのでした。(これで、えーんかい!)

クリックすると元のサイズで表示します


この後、予想はしていましたが「へぇへぇ」と登りました。『飲まなきゃ良かったー。』反省はいつも後からになります。

クリックすると元のサイズで表示します


編笠山の山頂は思った通りガスガスの白い中でした。
しばらく待っても天気は回復しそうにありません。石ゴロゴロの中、目印を忠実に辿って下山しました。

クリックすると元のサイズで表示します


コースタイム 平成21年9月19日
造林小屋4:45…8:20西岳9:00…9:50青年小屋11:00…11:30編傘山11:50…13:40不動清水…14:15造林小屋駐車場


ブログセンター 山の話題  blogram投票ボタン
0




AutoPage最新お知らせ