2009/10/14 | 投稿者: クロちゃん

この記事は秩父の人間のボヤキなので読みづらいかもしれません。悪しからずご容赦ください。


クリックすると元のサイズで表示します


「なんか、さっきから谷川岳ばっかり写してねぇけ。」
「他に撮るもんねぇからしょうがねえだんべ。」

「少し雲が欲しいな。」
「そりゃ贅沢っつうもんだ。」

「あれ、またまっすぐな登りだい。」
「あそこまで行ったら休んべぇ。」

「あっ、岩場の鎖場じゃんけ。」
「面倒くせぇな。」

「いい景色なんに、木が邪魔だな〜。」
「切りゃあいいんに…。」

「おっ、紅葉してる、してるだんべ。」
「やっと良い景色になったいな。」

「谷川岳に雲がかかってきたみてぇ。」
「今日は晴れるんじゃなかったっけ。」

「あそこ越えりゃあ、頂上みてぇだ。」
「また岩けぇ!?」

「鎖があるみてぇだ。」
「やんなるな。」

「稜線がめぇたよー。」
「晴れてりゃいい写真が撮れたんに…。」

「あれー、谷川岳はガスん中みてぇだ。」
「こっちの山で良かったいな。」

「雨、みてぇ。」
「はぁ、けえるべぇ。」

こうして、途中に降り出した雨の中を下山したのでした。滝に架かる虹が出ていました。

撮影した写真をデジブックにしてみました。




白毛門編 おしまい


ブログセンター 山の話題  blogram投票ボタン

0
タグ: 白毛門 谷川岳 秩父

2009/10/13 | 投稿者: クロちゃん

今年の紅葉は早い。しかも、紅葉する前に落ちてしまっている場面を良く目にする。
詳しくは知らないが、紅葉前に枯れているように感じる。
今の時期、紅葉はどこが良いのだろう。紅葉情報も分からない。
こうなると、紅葉じゃなくてもどこか展望の良い山に行こうと矛先を変えた。

白毛門(しらがもん)は前から気になっていた山だ。地図で位置を確認しただけで出かけてみました。事前に情報を調べないのは新鮮な感覚になれるからです。
でも、「あれー!?」こんな筈ではと失敗も多いです。
秩父から約2時間、アプローチとしては比較的楽な山です。

朝7時。駐車場に着くと、すでに登山者の車が整然と並んでいた。登山者のほとんどが谷川岳だろうと勝手に決め込んでいた。車の数から人気の山であることが察知できた。
ここの駐車場から見上げる白毛門方面は急峻に見えた。
実際、直線的に急な登りが続いた。

「その上に行けば平坦になるだろう。」見上げる道の先はそう感じる場所が連続した。
しかし、登っても登っても急坂が続いた。
約1時間は黙々と急坂のオンパレードであった。

幾分緩やかになったと思った矢先、またも直線的な急坂が待っていた。
「一気に高度を稼いでいるな。」ここまで見渡す自然林はほとんど紅葉していなかった。
紅葉したら見事であろうと思った。やはり「紅葉」に未練が残っています。

そろそろ松の木沢の頭だろうと思った先に岩場の鎖場が待っていた。

クリックすると元のサイズで表示します


「ヨッコイショ。」岩場を越えるとピンポンだった。

松の木沢の頭から見る展望は素晴らしい。
これから進む白毛門方面は紅葉真っ盛りだった。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



続きます。

ブログセンター 山の話題  blogram投票ボタン
0

2009/10/12 | 投稿者: クロちゃん

晴れ晴れ晴れー。\( ^∇^)/θ☆
日本全国、この連休は晴れマークです。確かに…。でも、しかし、But…。
クロちゃんの行くところ必ず雨が降る!
このジンクスを打ち破ろう。

上越国境の山
「今日はばっちりです。」笑顔で山歩きを開始しました。
しばらく登ると目の前にドーン!!!

クリックすると元のサイズで表示します


「晴れたら百名山」だー。o(*^▽^*)o~♪
晴れ男のほんの実力ですよ〜。(-^〇^-) ハハハハ

しかし…。
山頂に近付くと……。

クリックすると元のサイズで表示します


百名山は魔の山に変わっていた。そのあと、この雲が頭上を襲った。Why?
なんで、どうして、と、雨に追われて逃げ帰り、駐車場に着いたらどしゃ降りになっていた。

「今日は午後から雨と言ってましたからね。明日は大丈夫ですよー。」と、車で移動する。
街の空は青空だ。やっぱり。これは明日の天気は絶対大丈夫だー。\( ^∇^)/θ☆



翌朝、テントを叩く雨に起きる気がしない。なんで、どうして、Why?

クリックすると元のサイズで表示します


ラジオで天気情報を聴いた。なんと!
「東京は雲ひとつない青空が広がっています♪」

こちらは青空ひとつ見えずに雨が降り続いています。
これは場所が悪いんだ。青空を求めて南へ移動しましょう。

それで、やってきました。青空の登山口。ルンルンと歩いて山頂までもう少しです。
青空の山頂さん、待っていてね。o(*^▽^*)o~♪

クリックすると元のサイズで表示します

しかし…。\(_ _)

クリックすると元のサイズで表示します

目的地に近付くと雲が青空を隠す。これが晴れ男の極意だー。
帰りの空はピカピカの青空でした。(^−^)


晴れ男の極意は山の歯車と噛み合わないのはなぜでしょう。


ビール飲んで寝よう。


ブログセンター 山の話題  blogram投票ボタン
0




AutoPage最新お知らせ