2009/10/17 | 投稿者: クロちゃん

遠い昔、鎖の下がった岩を登り探検したあの場所はどうなっているのだろう。
確かに登って確認した記憶があるが、それは夢か幻だったのだろうか。
1年半ほど前に確認しようと訪れた時は急に怖気づいて途中でやめた。
その時、下から見た様相は昔の記憶と違って見えた。

クリックすると元のサイズで表示します


それからずっと気になっていた。
意を決して登った。垂直に近い岩場は頑丈な鎖さえ掴んでいれば問題ない。
そう思って、一気に登った。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



「あぁ、そうだった。此処だった。」子供の目には広く見えた岩棚はとても狭く見えたが、遠い記憶が蘇った。

さてと…。
「どうやって、降りるのさ!」岩場は降りる時に恐怖感がある。

城峰山の伝説「将門の隠れ岩」遠い昔の記憶が残る場所。37年の時を経て真実となった。


記事とは関係ありません。遠い昔のことです。




ブログセンター 山の話題  blogram投票ボタン
1




AutoPage最新お知らせ