2009/10/21 | 投稿者: クロちゃん

おドジなメンバーの珍道中
秩父発6時30分、目指したのは奥秩父最高峰の山に登る玄関口の大弛峠でした。

集合場所に、珍しく早めに登場したおドジのナンバーワンが心配そうに話しかけます。
「○○ちゃん、集合時間とか間違えてないといいけど…。」それなら携帯で連絡すれば良いのではと応えようとした時先手をとるように…。
「私、携帯を家に忘れて来たから連絡できないのよね。」朝一で本領発揮です。素晴らしい。
「ドジよね〜♪」朝から自分のドジを喜んでいるようです。○

「○○ちゃんは私のドジ仲間だから心配なのよ。」ふーむ。世の中には面白いお仲間がいらっしゃるのですね。これは楽しい1日になるかも…。“類は類を呼ぶ”というところでしょうか。
その前に全員揃わないと始まりません。

「大丈夫かな〜。」と待っていると、集合時刻2分前になりました。
と、その時、両手に荷物を提げて走ってくる姿が目に入りました。
「あーっ、おはようございます。転ぶから走らないで〜。」その光景を少し期待しましたが、無事に全員揃いました。
条件反射的に手にしたコンデジをそっと仕舞うのでした。(残念…。) ̄ー ̄


こうして青空の山に向かいます。
クリックすると元のサイズで表示します


青空の下、車中は朝からハイテンションです。
「この先、豆焼橋っていうのがありますが、今の時期なら橋が真っ赤に紅葉していますよ。」
「えーっ、本当〜。楽しみ〜〜〜♪」はい、とても素直な返事です。(完全に負けました。)

「ほら、真っ赤でしょ。右の方向には黄色に色づいた橋もありますよ。」
「本当だー。嬉しい〜〜〜♪」今日の天気のようにどこまでも澄んだ心です。(冗談言えなくなったかな…。)

「ねぇ、ねぇ見て〜。リンゴが可愛いよー。」おドジのナンバーワンが車の左側を見つめます。ちょっと間合いが空いて…。
「あの〜。私にはブドウに見えるけど…。」おドジのナンバーツーが不思議そうに正直に応えました。お母さん

「見るのが遅いのよ。またあったら教えてあげるね。」ナンバーワンは誇らしそうに笑うのでした。

この時運転手は真相が分かっていましたが敢えて告げません。
「なるほど〜。さすがにドジを自称するだけの実力がある。」妙に感心して快調に車を走らせます。
実はリンゴは車の走る前方の左側で右側にはブドウがたわわにあったのでした。
左見る人、右見る人の違いです。はい。

クリックすると元のサイズで表示します


「ブドウが紅葉するとリンゴになるんです。」また馬鹿なこと言ってしまった。
「えーっ、本当〜。嬉しい〜〜〜♪」はい、素直な心です。

途中ですが、レポはまだまだ長くなりそうです。
続きはまた…。φ(..)メモメモ



ブログセンター 山の話題  blogram投票ボタン
1
タグ: 奥秩父 大弛峠 秩父




AutoPage最新お知らせ