2009/10/25 | 投稿者: クロちゃん

昨日はこんなところに行って来ました。

晴れマークを信じて到着した山頂は何にも見えないガスガスの中でした。
ある程度予想はしていましたが、「汗、汗〜。」でした。

四六のガマンです。(^^ゞ

クリックすると元のサイズで表示します


「さあさあお立合、ご用とお急ぎのない方はゆっくりと聞いとくれ〜。
ガマンと申してもただのガマンとガマンが違う、これより北、北は筑波山の麓は、おんばこと云う露草をくろうて育った四六のガマン、四六五六はどこで見分ける。 前足の指が四本、後足の指が六本合せて四六のガマン、山中深く分け入って捕いましたるこのガマンを四面鏡ばりの箱に入れる時は、ガマンはおのれの姿の鏡に映るを見て驚き、タラーリタラリと油汗を流す、これをすきとり柳の小枝にて二十一日間、トローリトローリと煮つめましたるがこのガマンの油。」

↑ちょっと違いますか…。(-_-)ゞ

どこか私に似ている(?)その姿、ガマン、ガマン「汗、汗〜。」


ブログセンター 山の話題  blogram投票ボタン
0




AutoPage最新お知らせ