2009/11/16 | 投稿者: クロちゃん

筑波山は日本百名山の中にあって楽に登れる山という印象があります。
果してそうでしょうか。
百名山の他の山に比べると、標高は低く簡単そうに思えます。
しかし、筑波神社から歩くと標高差636メートル、岩ゴロゴロの急坂が続くハードなコースです。
山は山です。けっして侮れません。

そんな筑波山の企画に乗ってきた参加者13名は秩父から高速を使って筑波山を目指しました。
車3台に分乗した杣みちの会メンバーの顔は観光旅行の余裕の顔でした。

一般道より高速を使った方が1時間くらい早く着けると計算しました。
でも、微笑む青空にトイレ休憩とかで団体行動は意外と時間がかかり3時間強で筑波神社近くの駐車場に到着しました。午前9時過ぎに無事到着です。
さすがに観光地です。すでに市営第3駐車場は満車で第4駐車場になんとか駐車することができたのでした。

そうでした。この日は七五三の日でした。これも賑やかな要因のひとつでしょう。
騒然とした場所を好まない私はなんだか落ち着きません。

クリックすると元のサイズで表示します


そしてこの後、団体行動は13名→12名の登り→13名の昼食→12名の下山という展開となりました。
「こんな筈じゃなかった。」という顔が微笑んでいました。

クリックすると元のサイズで表示します


続きます。

ブログセンター 山の話題  blogram投票ボタン
0
タグ: 筑波山




AutoPage最新お知らせ