2009/11/17 | 投稿者: クロちゃん

筑波山の市営第4駐車場の一番下に車を止めてスタートです。いきなりのコンクリート階段が堪えます。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


「富士山が見えるよ〜。」の声に歓声があがりました。
雲に覆われうっすらと富士山が見えました。
ちなみに「うすい」の言葉は禁句です。

クリックすると元のサイズで表示します


そして、トイレは「行列のできる」盛況ぶりです。なんだか山歩きには場違いのような雰囲気です。
早く静かな場所に逃げたい心境になりました。

「ちょっと足の調子が悪いからケーブルで行くね。」の声に敏感に反応して明らかに動揺した顔がポツポツ…。一人だけかな?
「私も〜。」と言いたいのを言い出せずにいるみたいです。
「一緒に登りましょう。」の優しいメンバーの声に諦めて決心したようです。

神社を過ぎるとようやく静寂な雰囲気になって落ち着きました。
筑波山は初めてのメンバーが多いです。
励ましの声を掛け合って急坂を登ります。

「ここが一番キツイところだよ〜。頑張れ〜。」

もう何度この声が聞かれたでしょう。すっかり狼少年状態になっていました。
でも、励ましの掛け声は元気が出ます。
ちなみに「ハゲ増し」の言葉は禁句です。

クリックすると元のサイズで表示します


ケーブル駅付近で13名が揃い、男体山往復のあとちょっと遅い昼食となりました。
「ポカポカ陽気で良い気分だねぇ。」(=^0^=)
「風が強いよ。」(;一一)
「風も気持ち良いね。」(^ε^)
無頓着な人間は何でも良い方向に考えてしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します


「それじゃあね。」昼食が済むと何の抵抗なしに一人がケーブル駅の人混みに消えて行きました。
久しぶりの山で堪えたのでしょう。
すっかり「ばてんち」さんになっていたみたいです。足の調子が悪い人は元気に下山の道を駆けおりました。
(*^_^*)あれ

通常の山では調子の悪い人とか出ると、単独行動させずに複数で行動します。
でも、ケーブル利用だから大丈夫でしょう。一抹の不安が残りましたが…。
山でのグループ行動はいつも一緒がセオリーです。

神社で合流した時、我々を待っている「ばてんち」さんはとっても不安だったそうです。

まだ続きます。

ブログセンター 山の話題  blogram投票ボタン
0
タグ: 筑波山




AutoPage最新お知らせ