2009/11/25 | 投稿者: クロちゃん

竜ケ岳は富士五湖の本栖湖に登山口があって富士山展望の山である。
情報はこれだけでした。

クリックすると元のサイズで表示します


同行のkeykunにおいては、「今日どこに行くんだっけ?」でありました。
「竜ケ岳です。」素直に応えます。
「山の名前は分かってる。どこにある山?」の質問に…。
「富士五湖だから、たぶん山梨県です。」地理的な印象で応えました。
「コースタイムは?」の質問に…。
「1時間半から2時間くらいで山頂だと思います。」適当に応えました。事前に調べていません。
「標高は?」の質問に…。
「行ってから確認しましょう。」正直、全然分かりません。

そして、登山口はナビに適当にセットしたので、どこに着くのか正確には分かりません。
初めての山でしたが、まったく事前に情報を調べずに適当に計画しました。
実は、これには深い理由があります。
天気情報では3連休とも曇りマークで降水確率40%でした。
まさか青空になるなんて思いもしませんでした。なので、いつもと意気ごみが違いました。
「行ってから考えべぇ。」「なんとかなるさ〜。」で、なんとかなりました。(^ε^)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


アプローチは秩父から一般道で2時間45分の道のりでした。
突然目の前に「竜ケ岳登山口駐車場」の看板が目に入りました。ナビはまだ先を案内しています。
「ああ〜、ここだ。ここです。間違いない。」と急ハンドルで左折して駐車場に車を止めました。

クリックすると元のサイズで表示します


さあて、参りましょう。
「成せばなる。」「思えば叶う。」で出発です。
広いキャンプ場を周囲を見渡しながら進みます。ずっと道案内の道標が続いているので迷うこともありません。

竜ケ岳は登山口から緩やかな登りで優しい道のりです。
「筑波山のほうがきつかったなぁ。」は本音です。
やがて、『でっかい富士山』が姿を現しました。こうなると超スローペースになります。
カメラを向けるのは富士山です。今回撮影した8割以上が富士山だったでしょう。
それで、山頂に到着です。

クリックすると元のサイズで表示します


山頂からは正面に富士山、後方に南アルプスが見えました。
風もなく穏やかな山頂は心地よく、昼食・昼寝でまったりと過ごしました。
竜ケ岳は、天気に恵まれれば最高の景色が待っています。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


天気が悪いと何もないかな…。(^^ゞ
このコースは比較的楽で家族連れでも楽しめるでしょう。
次回はダイヤモンド富士を見に来ようと密かに心に秘めて周回コースを楽しみました。

おや?おじさん何か企んでいますか…。
クリックすると元のサイズで表示します


はい、ポーズ〜。(^^)/
クリックすると元のサイズで表示します


竜ケ岳は秩父から雁坂トンネルを抜けてドライブを楽しみながら手頃なコースと思います。
広い駐車場が嬉しいです。


名残惜しい気持ちで本栖湖を後にしました。
クリックすると元のサイズで表示します

山歩日 2009年11月21日


ブログセンター 山の話題  blogram投票ボタン
0




AutoPage最新お知らせ