2009/11/27 | 投稿者: クロちゃん

迦懇(カコン)は筑波山がほしいな。筑波山ってどこにあるかな*このエントリは、ブログペットの「迦懇(カコン)」が書きました。
0

2009/11/27 | 投稿者: クロちゃん

『子持山は変化があって面白い山だよ〜。』
夢の中で突然その言葉を思い浮かべた。誰の情報だったかはすっかり忘れていましたが、その情報が頭にありました。

朝4時30分、「あたしは誰?此処はどこ?」で目覚めた。
どうやら酔っ払って炬燵で寝てしまったらしい。
頭がボーっとしている。寝違えたのか首も痛い。

でも、先程の夢に見た子持山は覚えていました。

私のナビは県道沿いまでしか案内しない。
参考図書を見ると登山口が分かりづらい。適当にセットして出かけた。
藤岡インターから赤城インターまで高速を利用して向かった。
林道に入るとこの道で良いのか少し不安になったが、スムーズに登山口の5号橋の駐車場に車が止められた。
5号橋から7号橋にかけて駐車場は結構あります。

案内板を見てコースを決めた。子持山は幾つものコースがあります。
7号橋から尾根コースを選んだ。
理由は一番コースタイムが短いからだ。
ところが、この選択は間違いだったと思ったのは、この後色んな情報を聞いてからだった。
でも、面白いコースとしておきましょう。

クリックすると元のサイズで表示します


登山口から板張りの道を進むと沢イメージの道になります。
この先「一般コース」の道標に左右の矢印がありました。

クリックすると元のサイズで表示します


此処で野生のカンを働かせて左側に取り付いた。
これが間違いの始まりだった。(←キイポイント)

野生のカンは道迷いの天才であることを忘れていました。


画像では緩そうに見えますがほぼ垂直の岩壁です。(^^ゞ
クリックすると元のサイズで表示します


参考図書には確かに急坂とあった。
でも、これって岩登りじゃないか。
直登から横ばいの岩場を緊張気味に通過した。
「ここだけだろう。ここを通過すればきっと平和な道になる。」そう淡い期待を抱いたのだった。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし、この先は踏み跡が消え入りそうな痩せ尾根が続いていました。

クリックすると元のサイズで表示します


「このコース、岩がおおいわ!」
(;一一) ジロ  ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙


なんて呑気に思いながら緊張気味の道は続いて行きました。
しかも突然…。

「チクッ」「ガサッ」Y(>_<、)Y ハーチのムサシは刺したのさ〜。
野生が優しく歓迎してくれたのでした。

家に帰って参考図書を確認すると「沢沿いの急坂が続きます。」とあった。

いったい、どこで道を間違えたのだろう?(*v_v*)

クリックすると元のサイズで表示します


続きます。


ブログセンター 山の話題  blogram投票ボタン
0




AutoPage最新お知らせ