2009/12/11 | 投稿者: クロちゃん

奥多摩方面は久し振りの山でした。
秩父発午前6時、駐車場まで1時間30分の道のりでした。
事前に調べた参考書では細倉橋付近に駐車場があると載っていましたが、遥か手前の川乗橋で通行止めでした。
少し戻って広い無料駐車場を見つけたのでした。平石橋の国際虹マス釣り場の入口に広い無料駐車場があります。

さて、まずは百尋の滝を目指します。長い車道歩きにうんざりします。
途中の聖滝は車道の上からはチラッとしか見られません。此処には慰霊のレリーフがあります。
沢に降りて見物しようなどという気持ちは毛頭ありません。先に進みました。

竜王橋を渡ると細倉橋はすぐです。此処まで1時間以上かかってしまいました。
(*´Д`)=з

ようやく山道になってホッとしたのも束の間で今度は滑落注意の道が続きます。
幾つか遭難事故の痕を思わせる供養した場所が現れて気を引き締めます。
やがて、百尋の滝です。

クリックすると元のサイズで表示します


滝からはしばらく急坂が続きますが、やがて道は平凡な山道となって緊張から解き放たれます。
後は歩いていれば山頂です。
奥多摩の山は流石に人気があります。
山頂は大勢の人で賑わっていました。

クリックすると元のサイズで表示します


山頂の片隅に腰を下ろして昼飯としました。
山頂の真ん中に陣取っているのは今の時代で一番強い〇〇さんパワーでした。
小心者の私はカメラを仕舞って静かに過ごしました。
パワーが立ち去り、それではと、カメラを取り出した空は雲が覆っていた。

「山頂の写真なんていらねえや!」\(_ _)

イジケ虫となって、足毛岩方面にミニ周回して帰りました。


「山頂独占禁止法」なんていう法案はないでしょうか。
ハトさん、カメさん、これは支持率上がりますぞ。


     blogram投票ボタン
0




AutoPage最新お知らせ