2009/12/14 | 投稿者: クロちゃん

秩父のシンボル武甲山に登るには生川登山口から表参道が一般的でしょう。
他に大持・小持山経由のロングコース、浦山口から長者屋敷の頭を辿るコースが地図や参考図書に紹介されています。
更に持山寺跡コースや浦山からのコースもあります。
そんな中で…。
天邪鬼精神が旺盛な私は一風変わった道を好みます。地図にない道、そこに魅力を感じるのです。

クリックすると元のサイズで表示します
提供画像です。

そこで、今回はちょっと趣向を変えて、、、生川登山口から表参道を辿ってみました。(^-^)/

(-"-;)ドコガ知られざる裏コースじゃ…。

はい、下山の道があまり知られていないコースです。(^_^)v
この道は地図に記されていません。
この計画で山の会メンバーに参加を募ったところ…。

「電車に乗るの久しぶり〜。」
「タクシーで登山口なんてリッチね。」

と、思ったかどうか不明ですが、『13−1』名の参加者が横瀬駅に集合しました。

秩父は基本的に車社会です。どこに行くのにも第一に車が足代わりとなります。たまには公共機関の電車やタクシーに乗りたい心境に駆られます。
実際、登山口まで運んでくれたタクシーの運転手さんに「気をつけて行ってらっしゃい。」と笑顔で見送られる気分はとても気持ち良かったです。
運転手さん、ありがとう。(^○^)/

クリックすると元のサイズで表示します


さて、大杉の表参道を「どっこいしょ。」と登り、山頂で景色を眺めて神社下の広場で昼食としたメンバーは、知られざる裏コースへと向かいました。
シラジクボから長者屋敷の頭に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します


(-"-;)ドコガ知られざる裏コースじゃ…。

はい、この途中に沢沿いの道に下る分岐があります。(^_^)v

伐採されて展望の良い道から、どんどん下ります。

クリックすると元のサイズで表示します


やがて沢に着くとちょっと荒れた道となります。滝や沢の渓谷が目を引きます。
緊張する場所もありましたが、沢沿いの道を辿れば長者屋敷の頭コースとの分岐となって、平和な道となります。
後は林道を浦山口駅目指してまっしぐらです。

クリックすると元のサイズで表示します
提供画像です。


しかし、この道は何故地図にないのでしょう。
このコースは山慣れない人にはお勧めできません。

クリックすると元のサイズで表示します


ブログセンター 山の話題  blogram投票ボタン
0
タグ: 武甲山

2009/12/14 | 投稿者: クロちゃん

地図を見ると埼玉県の西部は山であります。秩父地方でぐるっと見渡すと山であります。有名無名の山が連なっています。そんな中のひとつに天理岳はあります。
この山は両神に続く長くキツいコース上にあって登山者の少ない静かな山と感じます。
しかし、変化のある山歩きを好む人には魅力的かもしれません。通常は、日向大谷からが一般的でしょう。天邪鬼は小鹿野町の納宮から辿ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します


感想は…。
日向大谷からをお勧めします。(*^-^)b

納宮のバス停の広い駐車スペースに車を置いて歩き初めてすぐに迷いました。
人家の脇を抜けて墓地の処に道標がありました。素直に従って進むと川に降ります。
あれ?(^^ゞ

クリックすると元のサイズで表示します


早くも道迷いか…。どこかに分岐があったのでしょうか。
もう一度道標まで戻って確認しました。どう見ても一本道で川に降ります。再び川に降りて周りを見渡すと、右上の小さな沢のところに道標がありました。

クリックすると元のサイズで表示します


ここからは枯葉の堆積した急坂が続きます。前日の雨で滑りやすくなっていて歩きづらい道を登ります。この日は陽気も良くて汗が滴り落ちました。
しばらく進むと、工事中の林道が現れました。納宮の入口に注意書きの看板があったのを思い出しました。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


林道の横切る先を見ると、階段で山道が続いているのが見えました。当然にこの道を進みます。
ところが、この道は大間違いです。途中で道が不明瞭となり枯葉の中に完全に消えました。
「尾根を辿ればなんとかなるだろう。」迷わず進みます。途中に立木に掴まりながらの急坂もありました。

クリックすると元のサイズで表示します


「おかしい?」納宮から奈良尾沢峠まで地図上のコースタイムは1時間10分です。すでに1時間30分が経過していました。
ここまで休憩していません。いかに遅くてもそろそろ峠の道標が現れて良い頃と思いました。

以前に日向大谷から奈良尾沢峠、天理岳を経由して両神山まで歩いています。その時の様子は微かですが記憶にあります。
それにしても、足下が滑る。何か今日はバランスが悪く滑りやすいように感じていました。

やがて、見覚えのある岩場に出ました。どうやら、奈良尾沢峠を外して違う尾根を辿ったようです。
「どこで間違えたのだろう?」興味はそちらに注がれました。帰りに確認したいと思いつつ、何か滑りやすい道に急に恐怖心も沸いたのでした。
「ここまでにしよう。どこで道を間違えたのかを確かめよう。」

クリックすると元のサイズで表示します


こうして、天理岳はあっさりと諦めました。単独ゆえ、臨機応変に行動を変えます。
来た道を途中まで戻り、奈良尾沢峠への道を容易に見つけ帰路に着きました。

間違えた場所は林道が横切る場所でした。
この道は初めて歩く人間は絶対分からないと自信を持って云えます。

クリックすると元のサイズで表示します


天理岳のコースは地図上で波線になっていて危険マークが幾つもあります。
痩せ尾根に岩場を這い上がり、鎖を頼って山頂に辿ります。目の前に野生が飛び出しそうな雰囲気もあります。

興味本位で足を踏み入れてはいけません。
『天理の道も一歩から』(-_-)ゞ

このコースは一般的ではありません。

ブログセンター 山の話題  blogram投票ボタン
1




AutoPage最新お知らせ