2009/12/18 | 投稿者: クロちゃん

秩父の武甲山表参道。
→ 注)『重てー参道』ではありません。(-.-;)

揺れるような古い橋が現れた。
高さはないがバランスを崩して落ちると痛いので気をつけて渡りましょう。橋の下は沢の石ゴロゴロ…。
グループでこんな橋を渡る時は一人づつが原則です。
重さで橋が壊れるからではありません。(重てー参道)(^o^;)

クリックすると元のサイズで表示します


たまにはそういう壊れることもあるでしょうが、他の人の振動で橋が揺れてバランスを崩す場合があるからです。

慎重な私はグループのみんなが渡り切って安全なのを確認してから渡りました。('-^*)/
あっ、これは内緒の話です。

(;一一) ジロ  (-^〇^-) ハハハハ

同様に鎖場やロープのある場所も一人づつが鉄則です。急な岩場などでは直線的に下に立つのは避けましょう。落石注意の構えです。
これらはグループで山を安全に楽しく過ごす基本です。

ちなみに武甲山表参道にはそのような場所はありません。特に技術力は要らない体力勝負の道です。
それで、武甲山山頂を目指すと、不動滝が現れ大杉がドーンと現れます。


「今日は階段コースを行ってみましょうか!?」\( ^∇^)/☆
「そうね〜♪」の顔で躊躇することなく一般コースを登るメンバーでありました。

「あら、クロちゃん静かね?」お母さん

『は、腹減ったぞー。』

山は相当にエネルギーも消費します。こまめに行動食を口にしましょう。

クリックすると元のサイズで表示します


よろしかったら、↓ポチッと応援お願いいたします。m(__)m

ブログセンター 山の話題  blogram投票ボタン
0




AutoPage最新お知らせ