2010/1/27 | 投稿者: クロちゃん

埼玉県で平成21年の山の遭難事故の統計が発表された。
やはり、道迷いの原因が一番であった。
私のもっとも得意とする分野なのでなんとなく頷ける。

埼玉県山岳救助隊ニュース


山で道に迷ったと気づいた時、人はどんな行動をとるでしょう。
一般的に云われているのは「判る地点まで戻る。降ってはいけない。尾根に登る。」ですが、その時の疲労度によって心理状態や行動がかなり違って来るような気がする。
大概の人はパニック状態になって早くこの場から脱出したい心境になるでしょう。
結果、ケモノ道が道に見えたり、すぐ先に正規のコースがあるように思えたり、自分の都合の良い方向に解釈しがちになります。そうしてこれが段々道迷いの深みにハマって行き遂には遭難となるケースが多いのではないでしょうか。
「なんであの山で遭難するんだ?」と感じる事故は意外にこんなではと思います。

クリックすると元のサイズで表示します


ところで、予定したコースを外れているのを気がつかないまま歩き、運よく下山したところで道迷いしたことに気づいた場合はどうでしょう。
私はこのケースが多いですが、ミステリー体験した感じで笑って済ませます。
しかし、これも立派な道迷いだ。
私とご一緒する人はミステリー体験できますよ。
でも安全の保証はありません。

悪運の強さと遊び心を必要とします。

山は自己責任だ。
0

2010/1/26 | 投稿者: クロちゃん

きた、きた、きたー!o(^▽^)o
遠く雪国を越えて弥彦から春の便りが届きました。
弥彦観光協会・弥彦駅前観光案内所の皆さん、迅速に親切丁寧な対応をありがとうございます。

ジャーン、これだ!『弥彦山トレッキングガイドマップ』

クリックすると元のサイズで表示します


後は春の訪れを待つばかりだ。

総費用300円でゲットするために涙ぐましい努力が報われました。
そのお話はまたの機会に…。

とにかく…。

きた、きた、きたー。\(^_^)/

ガイドマップの他に色んなパンフレット23種類と手書きのメッセージに心温まりました。

クリックすると元のサイズで表示します


興味のある方はこちら 
   ↓

弥彦駅前観光案内所
0

2010/1/25 | 投稿者: クロちゃん

早滝を後にして、旧中里村にある恐竜の足跡を素通りし、九十の滝を目指しました。
心配した道路凍結はまったくなく快調に車を走らせ、砂防ダムの広場まで車で入りました。
吊り橋を渡って、ハイキングコースを登ります。
10分もかからなかったでしょう。滝への降り口があります。

クリックすると元のサイズで表示します

この道は途中まで明瞭ですが、沢に降りる手前で消えています。
野生の勘で沢へ降り立ちました。

クリックすると元のサイズで表示します


滝は氷爆していました。
沢も凍っていました。滑らないように慎重に滝へ近づきます。

クリックすると元のサイズで表示します


うーん、早滝の優しい重厚さに比べると荒々しく薄い感じですが冬の九十の滝は迫力を感じました。
ふと足元に転がった透き通った綺麗な氷の塊を見つめました。

クリックすると元のサイズで表示します


ポロポロと落ちているような気配です。
「カシャン!」と近くで音がしたような気がしました。

「さあて、戻りましょう。」退散するのが速かった。

クリックすると元のサイズで表示します


この滝は一般的には明瞭な道から眺めるのが良いでしょう。
いえ、一般の人は訪れることが少ない滝と感じました。

沢に降り立つ整備された道はありません。

撮影日 2010年1月23日
0




AutoPage最新お知らせ