2010/3/25 | 投稿者: クロちゃん

三毳山で会った人が「だいしょうやまって楽しい山よ〜。」話してくれた。
しかも同じ日に2人の方が同じような話をした。
これは、何かが待っている。

若大将、青大将、裸の大将♪(⌒∇⌒)⌒∇⌒)⌒∇⌒)/
果たして?

『ぼ、ぼくはおにぎりが良いな。やっぱり。』で行ってきました。

秩父からのアプローチは2時間ちょっとです。ナビ任せで走ると山に白い「大小」の文字が見えて来ました。後はその方向を目指して進めば良いです。

クリックすると元のサイズで表示します


道はちょっと複雑に感じましたが迷うことなく阿夫利神社の登山口に到着しました。

そして…。
なるほど素晴らしい景色が待っていました。

クリックすると元のサイズで表示します
中央にうっすら筑波山


クリックすると元のサイズで表示します
白く微かに富士山

これらは画像では分かりづらいですが、肉眼でははっきりくっきり浮かんでいました。
コースも変化のある楽しい道が続きます。
とても、300メートル級の山とは思えません。

クリックすると元のサイズで表示します


更に圧巻は最高峰の妙義山です。360度の展望が楽しめます。男体山、赤城山、谷川岳など百名山がズラズラ〜ッと見渡せます。

クリックすると元のサイズで表示します


「花がないな〜。」と欲張った気持ちになっていたら、下山の道にスミレがありました。
花の撮影は這いつくばって、そのまま息を止めて〜。
撮り終わったら呼吸をするのを忘れずに…。(^^ゞ

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


しかし、今回選んだコースはのんびり撮影しながら歩いたのですが、駐車場に着いてから昼食となりました。


★阿夫利神社近くに2ヶ所の駐車場、トイレ、水道あり。

★秩父発朝6:00===登山口8:10着…ぐるっと周回してゆっくり昼食を摂って秩父には午後2時前に帰ってまいりました。

クリックすると元のサイズで表示します


== おまけ ==
帰りは国道50号から太田桐生ICで北関東自動車道を使いました。
藤岡ICまでETC休日割引で600円でしたが、快適に早く帰って来られました。


山歩日 2010年3月22日


にほんブログ村 アウトドアブログへ

0

2010/3/24 | 投稿者: クロちゃん

黄砂の舞い散る日曜日の秩父の朝です。
天気情報は雨と強風で大荒れと報じていました。
どこが???

確かに夜中に風の音がすごかったですが、静かに晴れ渡った秩父の朝です。
こうなると家にジッとしてなんていられません。
近くの山に向かいました。

クリックすると元のサイズで表示します


まだ歩いたことのない布沢集落から竜神山を目指します。布沢集落までは車道の歩きです。ちょっぴり薄暗い植林の道を歩みます。
すぐに汗ばんで来ました。暖かい春の陽気です。気持ちも陽気になりました。
明るい布沢集落を抜けると、再び暗い樹林の道に入ります。
陽気が妖気を感じる雰囲気になりました。(^^ゞ
一部不明瞭な箇所や崩れた道がありましたが気にせず進みます。

このまま竜神山に登って降りるのでは、あまりに近くて消化不良になりそうなので「文殊峠」まで足を伸ばしました。
すると…。
今まで穏やかだった雰囲気が一変しました。
「ゴーゴー」と音を立てて風神が近づいて来ました。
さぶい!
折り返して目的の竜神山に向かいました。

クリックすると元のサイズで表示します


はい、風神が容赦なく荒れ狂う竜神の山頂に妖怪出現です。
三役揃い踏み〜です。


クリックすると元のサイズで表示します


荒れ狂う風神が運んできた黄砂に山は霞んでいました。
不自然な不気味な景色に思えました。


クリックすると元のサイズで表示します


兎岩が現れました。ちょっぴりビビる迫力かあります。
向こうに見える釜の沢五峰も霞んでいました。


クリックすると元のサイズで表示します


兎岩を過ぎると急坂の下りが続き林道に降りて行きます。
ミニ周回を楽しみ帰りました。


この山を目的に歩く人は少ないと思います。
釜の沢五峰と組み合わせて歩くと変化があって楽しいです。
更に秩父札所32番から辿るとスリルも味わえます。


今回のミニ周回では所要時間は2時間足らずでした。
この日の目的は何だったのでしょう?
はい、ただ家にいるのはもったいないと散歩したハイクでした。(^^)/



にほんブログ村 アウトドアブログへ

0

2010/3/23 | 投稿者: クロちゃん

尾瀬を知り尽くしたshinさんは、冬は高尾山に出没しています。
そう思っていましたが、実は尾瀬・高尾山の他にもあちこち漫遊していたんですね。
その足跡は全国各地にあるらしい。
やはり、水戸の殿様だ。ヽ(^o^)ρ


「まだ雪割草が残っていると思います。案内しましょう。」と惜し気もなく我々を案内してくれました。

「人生、楽ありゃ苦もあるさ〜♪雪のあとには 花も出る♪」でやってきました。
園内はロープが張ってありました。

遠くから300mm砲で、近くはマックロで、悪戦苦闘しながら撮影しました。
うーむ。カメラの修行が足りません。(^^ゞ
構図という文字は置いてきてしまった。カメラを仕舞って、終(しま)った。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



咲いてて良かったー。
春の森の妖精「雪割草(ミスミソウ)」でした。


このお花の名前は?

クリックすると元のサイズで表示します


三毳山の春をデジブックにしてみました。
↑の花の名前はデジブックの中にあります。


晴れたら花の百名山!(^○^)/
オレンジタオルの下はハゲ迷残?\(`o'") コラーッ




にほんブログ村 アウトドアブログへ

0




AutoPage最新お知らせ