2010/3/24 | 投稿者: クロちゃん

黄砂の舞い散る日曜日の秩父の朝です。
天気情報は雨と強風で大荒れと報じていました。
どこが???

確かに夜中に風の音がすごかったですが、静かに晴れ渡った秩父の朝です。
こうなると家にジッとしてなんていられません。
近くの山に向かいました。

クリックすると元のサイズで表示します


まだ歩いたことのない布沢集落から竜神山を目指します。布沢集落までは車道の歩きです。ちょっぴり薄暗い植林の道を歩みます。
すぐに汗ばんで来ました。暖かい春の陽気です。気持ちも陽気になりました。
明るい布沢集落を抜けると、再び暗い樹林の道に入ります。
陽気が妖気を感じる雰囲気になりました。(^^ゞ
一部不明瞭な箇所や崩れた道がありましたが気にせず進みます。

このまま竜神山に登って降りるのでは、あまりに近くて消化不良になりそうなので「文殊峠」まで足を伸ばしました。
すると…。
今まで穏やかだった雰囲気が一変しました。
「ゴーゴー」と音を立てて風神が近づいて来ました。
さぶい!
折り返して目的の竜神山に向かいました。

クリックすると元のサイズで表示します


はい、風神が容赦なく荒れ狂う竜神の山頂に妖怪出現です。
三役揃い踏み〜です。


クリックすると元のサイズで表示します


荒れ狂う風神が運んできた黄砂に山は霞んでいました。
不自然な不気味な景色に思えました。


クリックすると元のサイズで表示します


兎岩が現れました。ちょっぴりビビる迫力かあります。
向こうに見える釜の沢五峰も霞んでいました。


クリックすると元のサイズで表示します


兎岩を過ぎると急坂の下りが続き林道に降りて行きます。
ミニ周回を楽しみ帰りました。


この山を目的に歩く人は少ないと思います。
釜の沢五峰と組み合わせて歩くと変化があって楽しいです。
更に秩父札所32番から辿るとスリルも味わえます。


今回のミニ周回では所要時間は2時間足らずでした。
この日の目的は何だったのでしょう?
はい、ただ家にいるのはもったいないと散歩したハイクでした。(^^)/



にほんブログ村 アウトドアブログへ

0




AutoPage最新お知らせ