2010/4/3 | 投稿者: クロちゃん

それは、偶然目にした光景でした。
今までなんで気づかなかったのでしょう。
理由は、此処を訪れる目的が違うのと、花を見つける余裕がなかったからでしょう。
いつもは釣り目的で朝薄暗いうちに歩いて、帰りはヘロヘロに疲れ果てていました。

今回は違います。心に花を奏でる余裕がありました。

クリックすると元のサイズで表示します


奥秩父入川渓谷「夕暮キャンプ場」の先、観光釣り場が続きます。

4、5、6号…。
入渓場所の番号は8号で終わります。

やがて、特設釣り場の終わりを告げる案内が川にかかっています。
その先、右手から小さな滝が落ち込みます。

クリックすると元のサイズで表示します


その岩肌に白い妖精がびっしりと微笑んでいます。
規模的にはかなり多いと思います。

クリックすると元のサイズで表示します


夕暮キャンプ場から車道歩きを15分位の地点でした。

山歩きの経験がない人でも散歩気分で行けます。
ただ、ハイヒールにスカート姿は…。論外です。(-_-)ゞ

近くで花の撮影は橋からちょっと降ります。滑らないように注意しましょう。

ここまで特に危険な場所はありません。この奥に続く入川渓谷ハイキングと合わせても楽しめます。森林軌道跡の岩肌にもチラホラと咲いていました。
3月末の今年はもう終盤のようでした。

駐車場は夕暮キャンプ場近くの林道脇に駐車スペースがありますが、釣りシーズン中は釣り人の車で賑わいます。観光釣り場に有料500円で駐車できます。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

0




AutoPage最新お知らせ