2010/4/27 | 投稿者: クロちゃん

クロちゃんの「四ツ又山から鹿岳」のまねしてかいてみるね四又山の目的地の目的地の置き場所に逆らって無事出発です?しかし、山から志賀坂峠越えのコースでは「せっかく登ったのに〜。」も...*このエントリは、ブログペットの「迦懇(カコン)」が書きました。
0

2010/4/27 | 投稿者: クロちゃん

四ツ又山の登山口付近をナビにセットすると秩父から志賀坂峠越えのコースを指しています。

しかし、この時期なのに山間部では霜注意報が出ています。
志賀坂峠越えは賢い選択ではありません。ナビに逆らって鬼石から吉井経由で車を走らせました。
このコースで1時間30分のアプローチでした。車の置き場所にちょっと迷いましたが、山に向かって無事出発です。


四ツ又山までは「仙人のお告げ」の記事に記しました。


四ツ又山から妙義山
クリックすると元のサイズで表示します


さて、次の目的地の鹿岳を目指します。
ここからは、「せっかく登ったのに〜。」もったいないくらいの激くだりが待っていました。

おっかなだけ〜。
クリックすると元のサイズで表示します


「どこまで下るんじゃ!」残置ロープが続く急坂をロープに頼らず下りました。
そう、私はいつ設置したのか分からないロープは信用しません。
残置ロープに頼った結果、危険な場合もあるのです。

頼らなければならない場所ではあまり力を入れずに掴みます。
山歩きは自分の足と手が基本と思っています。
ロープはあくまで補助として考えましょう。

このまま登山口まで降りてしまうのではと思う頃、ようやくマメガタ峠に着きました。

ホッとする空間
クリックすると元のサイズで表示します


今度は下った分の登りです。
鹿岳が目の前に大きく迫って来ました。
岩峰を目の前にしてある重要なことを思い出しました。

優しい桃色のひとつ花
クリックすると元のサイズで表示します


臆病者で小心者に高所恐怖症が備わった私に鹿岳は強敵です。

「そうだ。三ツ岩岳にひとつ花を見に行こう。」この時頭によぎりました。

恐怖の入口
クリックすると元のサイズで表示します


垂直の梯子を登って山頂近くまで行きましたが、急に怖くなったのです。
何かアクシデントでもあったらたいへんだ。そう頭の中を臆病風が支配したのです。

仙人の住む山?
クリックすると元のサイズで表示します

そうと決めたら行動に移るのは速いです。
スタコラサッサと下山して三ツ岩岳を目指しました。


山歩日 2010年4月24日
コースタイム 登山口6:00…7:15四ツ又山7:30…8:10マメガタ峠8:20…9:05鹿岳鞍部…9:15敗退決意…10:15登山口

鹿岳目指してこれから登る方がたくさんいらっしゃいました。
西上州で人気の山のようです。



にほんブログ村 アウトドアブログへ

0




AutoPage最新お知らせ