2010/4/30 | 投稿者: クロちゃん

初めて秩父に訪れた人が武甲山を目にすると…。
「うわー、ピラミッドみたい。」「アパッチ砦だ。」「まだ雪があるよ〜。」「やっぱり秩父は寒いね。」
色んな賛辞が聞こえる。

さて、アカヤシオを求めて大持〜小持〜武甲山を歩いてみました。
沢沿いの道で「コンコーン」とお見送りを受けて妻坂峠を目指します。

クリックすると元のサイズで表示します


結果は…。
花に嫌われてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


大持山の登りの途中にピラミッドが出現!!!

クリックすると元のサイズで表示します


これはケルンとは違うと思いますが、誰が何のために積み上げたのでしょう。
何かのメッセージか…。

通り過ぎてから思った。

『ピラミッド=お墓』
『ピラミッド=財宝』

もしかすると、お宝が眠っているかもしれません。
周りには毒草バイケイソウがお守りしていました。

大持山から富士山が見えました。
秩父の山からも富士山が見えることを知りました。



アカヤシオは蕾でした。
「花がないなぁ。」と思っていたら、フデリンドウがチラホラ微笑んでいました。

クリックすると元のサイズで表示します



武甲山は5月1日が山開きです。
アカヤシオ満開の季節にいかがでしょう。


山歩日 2010年4月25日

コースタイム
8:05スタート…8:40妻坂峠…9:45ウノタワ分岐…9:55大持山10:05…10:35小持山10:45…11:05シラジクボ11:10…11:35武甲山12:25…12:40シラジクボ…13:30登山口


にほんブログ村 アウトドアブログへ


“予約投稿”を使ってみました。
こんなこともできるんですね。


この時間帯、私は家にいません。

1




AutoPage最新お知らせ