2010/5/31 | 投稿者: クロちゃん

初めて袈裟丸山を目指したのは2007年9月でした。寝釈迦を見に行こうと計画したのでした。
その時のブログ記事はこちら「寝釈迦さまにも嫌われた」です。

続いて2回目は、小丸山で足跡が途絶えた2008年11月の「袈裟丸山を目指して」でした。


過去2回、いずれも袈裟丸山は私の立ち入りを拒んでいました。

今度こそ!
「頼みますぞえ、山の神、天の神、袈裟丸大明神さま!」で目指しました。

前週、前夜発で半額セールを狙ったスーパーは売り切れ状態で食糧調達は不調に終わった。
これは夜8時と遅すぎた時間帯だったことが起因する失敗だ。
その教訓を活かし、夜7時30分に時間変更しました。この作戦は学習効果の成果です。
結果は…。

「コンビニで食糧調達だー。(^ε^) 」スーパーの達人ひしめく戦場と化したお店に素人のおじさんが付け入る隙はなかった。

袈裟丸山が近付くと…。
「ポツポツ…。」またしても嫌な予感が…。(-_-)ゞ

そして、車中泊で目覚めた朝は辺り一面霧の世界で雨が降っていた。
「霧雨じゃ、幻想的な世界に濡れて行こう。(=^0^=)/」なんて思いません。

クリックすると元のサイズで表示します


「またしても…。」この時の落胆ぶりときたら、車の周りをウロウロしながら空を見上げる時間が流れた。
後続の車が次々とやって来て、皆至極当然のように山の中へ消えて行きます。
その中で、まだ煮え切らない気持ちでたたずんでいました。

その時!

「クロちゃんですか?」

女神さまの声が聞こえた。

クリックすると元のサイズで表示します


急に元気ハツラツ、女神さまに導かれて幻想的、神秘的、幽玄の花咲く山の中へと歩き始めたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します


続きます。


にほんブログ村 アウトドアブログへ

0

2010/5/29 | 投稿者: クロちゃん

奥鬼怒ハイキングの帰り、今回の山旅でひとつだけ心残りがあります。
温泉です。(o^_^o)
「安くてこれぞ温泉というのがないかな〜。」と探したところ、ありました。
川俣湖温泉「上人一休の湯」です。

クリックすると元のサイズで表示します


広ーい駐車場には止まっている車はポツンと一台です。
「おや?やってないのか…。」そう思ってしまいました。
屋根の上には閑古鳥が「カッコウ、カッコウ」と鳴いていたら諦めましたが、そんな筈はありません。
半信半疑で車を止めて建物の方向に目をやると、ひっそりと目立たない感じで「営業中」とありました。

ポツンの車の持ち主と入れ替わりに入館しました。
「1,000円だったら止めよう。」と玄関に入ると…。
嬉しい500円です。しかも時間制限はありません。ゆったりのんびり過ごすのに最適です。

クリックすると元のサイズで表示します


そして湯質は、ツルツルの“美人作りの湯”です。天然温泉かけ流しのかなり濃いアルカリ度を感じました。
内湯と露天風呂があります。
ただし、シャンプーはありませんでした。そんな些細なことは気にしない私はボディシャンプーで寂しくなった長い友達を洗いました。

途中でひとりだけ入って来ましたが、ほとんど貸し切り状態で温泉を堪能しました。
タイミングがよかったのでしょうか。

奥鬼怒ハイキングの後にお勧めの温泉です。

クリックすると元のサイズで表示します


にほんブログ村 アウトドアブログへ

0

2010/5/28 | 投稿者: クロちゃん

これはあまりに無計画な行動が招いた結末です。事前の準備と情報の大切さを痛感しました。
と、それほどのことではありません。(*^_^*)
単に鬼怒沼まで行っても仕方ないとなったのです。(果たして真実は…。) (-"-;) ??
奥鬼怒温泉からちょっとで初めて見るスミレを目にしました。

クリックすると元のサイズで表示します


スミレも名前は分かりません。
これだけ葉の大きいのは初めて目にしました。


それで…。
敗退の本当の理由は何だったのでしょう。

「続きを読む」をクリックしてください。

にほんブログ村 アウトドアブログへ



続きを読む
0




AutoPage最新お知らせ