2010/5/27 | 投稿者: クロちゃん

奥鬼怒温泉に続く道は「遊歩道」の形容詞がぴったりの道でした。ここで遊歩道の意味について説明します。遊歩道とは“遊びながら歩く道”と書きます。(← そのままじゃないか!)\(`o’”) コラーッ

クリックすると元のサイズで表示します


ドタバタ山歩記の続きはこちらをクリックしてください。


続きを読む
0

2010/5/26 | 投稿者: クロちゃん

奥鬼怒の女夫淵温泉の無料駐車場には朝5時10分頃に到着しました。
すでに数台の車が止まっていましたが、余裕で車を置きトイレと朝食を済ませます。
ここから先は一般車通行止めです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


近くに偵察に行っていたkeykunが「露天で1000円だってさ。」に思わず「パス!」のバッテン印です。
有名な温泉なのかもしれませんが、私たちにとっては恐怖の値段だ。w(゚o゚)w
きっと500円くらいで入れる温泉がある筈だ。
帰りにその考えはズバリ的中でしたが、そのお話はまたの機会にして先に進みます。

クリックすると元のサイズで表示します


橋を渡るとすぐに鉄製の階段が現れました。
今回ここの登りが一番キツかったような気がします。

クリックすると元のサイズで表示します


小高い山を越えて吊り橋に出たところでギョッとして立ち止まりました。

目の前に恐怖の光景が…。
どうしよう。(^^ゞ


恐怖の主はこの方です。

クリックすると元のサイズで表示します



逃げる気配もなく、あきらかにこちらを見て威嚇しています。
熊は目を背けてはなりません。猿は逆に目を合せてはなりません。
では、猿とニラメッコするとどうなるでしょう。実践してみましょう。(良い子は真似してはいけません。)
野生の猿はこんな顔になりました。

クリックすると元のサイズで表示します



続きます。


にほんブログ村 アウトドアブログへ

0

2010/5/25 | 投稿者: クロちゃん

秩父発午後8時、奥鬼怒の山を目指しました。
「夜食は近くのスーパーで仕入れましょう。」賢くセコく半額セールを狙ったのでしたが…。

惣菜、お弁当コーナーは見事に売り切れでした。目論見は簡単に崩れ去りました。
「やっぱりコンビニでしょう。」で、寄ったお店でもほぼ完売状態に店内をウロウロしてしまいました。

今回の食料調達は思惑通りにいきませんでした。
そんな訳で買い物に時間を費やし、東北自動車道羽生インターまで2時間もかかってしまいました。
前夜発の車上生活にすっかり味を占めた今夜の宿泊地は大谷パーキングです。
止まっているトラックの子守歌を聞きながら夢の中に入ったと思ったら「起きろー。」と目覚しがなりました。

クリックすると元のサイズで表示します


寝起きの良い私は頭すっきり、身体の点検です。
「顔よし、腹よし、頭よし!」で奥鬼怒目指して出発です。
奥鬼怒の山は「鬼怒沼山」だったんですね。
ずっと「奥鬼怒山」と思っていました。字が似ているし…。(*^_^*)
霧降高原から見える夜明けが今日これからの幸せな時間を約束してくれているように見えました。

クリックすると元のサイズで表示します


「あのね。朝焼けは天気が悪くなるんだよ。」

「そうだったのか!」;:゙;`(゚∀゚)`;:゙今まで朝焼けも胸やけも知りませんでした。
夕焼けは吉、朝焼け胸やけは凶…。( ..)φメモメモ

では、青空に緑が眩しい山へ突入しましょう。

クリックすると元のサイズで表示します


今日も元気だ。「顔よし、腹よし、頭よし!」(-^〇^-) ハハハハ


続きます

にほんブログ村 アウトドアブログへ

0




AutoPage最新お知らせ