2010/6/17 | 投稿者: クロちゃん

三窪高原と思われる場所に着いた。三窪高原ランダムなレポの最終回です。
過去の記事は @レンゲツツジの謎 A三窪高原・花と緑の道 B山梨・三窪高原の謎解き中 です。


今までの花と緑の道からセピア色、グレー色の景色に見えた。
その空間だけ、別の世界に見えた。何かがおかしい。不自然な空気が流れているように感じた。

「オイラ、むっとして来た。」(;一一)
「えっ、蒸し暑いですか。」(-。-)y-゜゜゜

はい、これがkeykunのむっとした真相です。ヽ(^o^)ρ( ← そんな訳ありませんね。)


クリックすると元のサイズで表示します


期待が大きかっただけに落胆も大きくなります。
現実を素直に受け入れられず、「あれはレンゲじゃないかな〜。」私は山ツツジを指差していた。←

何故なんだ〜。
防御ネットで保護された中に小さな枯れたような木が点々としている。

家に帰って色々調べているうちになんとなく真相が分かって来た。
ネットで検索すると…。

「絶滅危惧」「一花だけ」「鹿の食害?」「虫の影響?」といったような文字が並んでいた。

レンゲツツジは毒のある植物である。
鹿が食ったとは思えないが、万一、鹿の食害としたら何故レンゲツツジだけが消えてしまったのだろう。
周りには山ツツジ、ズミなどの花が立派に咲いている。

柳沢峠から山に入ってすぐ鹿の姿を見かけたが…。
色々想像してみたが、三窪高原に求めたレンゲツツジは咲く気配もなかったことだけは事実であった。

おーい、鹿くん。
もし、レンゲツツジが食えるなら、群生するハシリドコロも食ってみろ〜。
急に毒づいたりもします。

真相に迫ってみましたが、「迫る必要がどこにあるのでしょうか。」どこからか天の声が聞こえたような気がして終わりにします。天の声の主はレンゲの毒より恐そうなレン○○さんかな…。◎o◎

「三窪高原ミステリー・レンゲツツジの怪」として記憶に残そう。
φ(..)メモメモ


山歩日 2010年6月13日


にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρクリックありがとうございます。(^○^)/


1




AutoPage最新お知らせ