2010/9/24 | 投稿者: クロちゃん

瑞牆山はさすがに百名山の続きです。

休憩した天鳥川からの道は石ゴロゴロの急坂が直線的に続きます。まるで障害物競争のような道です。
そして、たくさんの人がまるで競争するかのように抜きつ抜かれつ登っていました。
やっぱり障害物競争かな…。

クリックすると元のサイズで表示します


気の弱い内向的な私はその光景だけで落ちつかず疲れが増します。
はい、私は小心者の臆病者なのです。(*^-^)b


静かな雰囲気を楽しむのだったら近くの小川山が良いかな〜。

しかし、山頂の展望を楽しむのならやはり瑞牆山でしょう。
これだと山頂は満員御礼だなと思っていましたが、案の定、賑やかすぎる人でした。
ここでふと思いました。
大勢の人の重さで山頂の岩が動いたら…。

クリックすると元のサイズで表示します


ゾ〜〜〜。(((゜д゜;)))

岩が落ちると、ガーン…。(-o-;)


山頂からの金峰山、八ヶ岳や南アルプスを眺めは最高でした。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


来た道を慎重に下山して富士見平小屋の水をお土産にして戻りました。

クリックすると元のサイズで表示します




帰りは増富の湯だ。
増富の湯駐車場も大混雑でした。

そこに…。
「あら!何?今日はみんな揃ってどうしたの?今日は山?なんだ山だったの〜。ちっとも知らなかった。それで、どこの山に行ったの?えっ、瑞牆、あら今日だったのぅ。」山の会メンバーのMさんが笑顔で駐車場に立っていました。







山歩日2010年9月19日
コースタイム 秩父5:00===7:50瑞牆山荘登山口8:10…9:05富士見平小屋…9:45天鳥川…11:15瑞牆山頂12:25…富士見14:50平小屋水場…15:20登山口

増富の湯・入浴料700円

にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρお願い!ポチッ★(^○^)/


3




AutoPage最新お知らせ