2010/10/19 | 投稿者: クロちゃん

越後の山は遠くあこがれの地。広い新潟平野の向こうに連なる山々…。
そう思っていましたが、高速利用で秩父から意外と近かったです。(この日の出発は、正確には本庄市発でした。)
よし、守門に向けて突撃だー。

前夜発
6:00本庄・児玉インター
関越自動車道をスイスイ走って…。3車線は常に真ん中の車線を走り、前橋からは右に左に移動攻撃を駆使して、渋川を過ぎた登り坂は右側追越車線が多くなり、徐々に山の壁が近付き、関越トンネルを抜けると車の姿が極端に少なくなりました。今まで走っていた車はどこに消えたのでしょう。

7:35大和パーキング
ちょっと早すぎた到着に夜の時間が長いかなと思いましたが、グビッと飲んで寝付きの良い子は夢の中へと入って行きます。
夢は青空の下で歩く紅葉の道でした。しかし、なぜだか、どうしてでしょう。実際はこんな画像です。夢と現実のギャップは大きい。

クリックすると元のサイズで表示します


翌朝
4:00起床
洗面・トイレの後、ホット缶コーヒーを飲みながら守門岳登山口に向けて出発です。
4:20大和パーキングを後にしました。

5:00二口登山口に到着
ずっと舗装道路でした。二口登山口の駐車場も舗装されています。しかも、綺麗なトイレ(和式)もあります。快適です。

しかし、広い駐車場に車がポツンと1台に一抹な不安もありました。先週の那須岳とあまりに違う光景に山の選択を間違えたかとも思いました。
明るくなり始めた頃、後続の車が1台やって来ましたが、先に来ていた車は入れ替わるようにどこかへ行ってしまいました。
後続の車の方と挨拶を交わしてコースを確認すると、私とは逆回りのコースでした。これで密かに企んだ熊払い作戦は失敗に終わった。もう少し時間が経てば熊払いの後続車が来るかな〜。
しばらく待っていましたが誰も来ません。

熊出没の看板は何かイヤな感じだな〜。この時期に守門岳は人気がないのでしょうか。この時間帯に山に向かう人はいないのでしょうか。
山釣りだったら喜ばしい環境なのだが、山歩きには寂しいな…。
あれこれと自分の中で葛藤していました。

5:45朝食と身支度を整えて…。
よし、突撃だー。

意を決して登山口を出発しました。
静かです。静かすぎです。人恋しくもあります。
もし、近くで「ガサッ」と聞こえたら逃げ帰ろう。半身の姿勢で坂を登りました。
やがて、ブナの森が現れました。立ち並ぶブナは若い黄葉で綺麗です。正直、これほど広い規模のブナの森は見たことありません。

クリックすると元のサイズで表示します


いつの間にかクマのことなど忘れていました。
そしてこの後、守門の試練が待ち構えていました。
それは…。
突撃の結果、こんな状態になっていました。
悲しい…。

クリックすると元のサイズで表示します


後編に続きます。

山歩日2010年10月16日

にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρ突撃!ポチッ★(^○^)/


0




AutoPage最新お知らせ