2010/11/2 | 投稿者: クロちゃん

西上州の稲含山は今回が二度目でした。初めて登ったのはネットで神の池にミズバショウの情報を見つけて、“ひとつ花の三岩岳”のあとに山かけした日でした。
この日は色んなミステリーに遭遇した日でもありました。
その時の記事のひとつはこちらです。

消えた軽ワゴン車



今回は紅葉を期待して台風一過の日に向かいました。
台風一過はどこへやらの雨の中でしたが…。

前回と違って車で神の池まで行けました。台風の爪痕はきれいに修復された林道を辿ります。

クリックすると元のサイズで表示します


午後から天気が崩れる予報がありましたので朝早い時間帯でありました。
時計と反対回りでぐるっと周回です。

鉄塔を過ぎて振り向くと、霧が流れる中に街が見えました。これは晴れるかもしれない。
ちょっと期待しました。

赤い鳥居から稲含神社までの間は紅葉する前に葉っぱが落っこちゃったみたいで枯れ葉の堆積する道です。特に感動する景色はありません。

クリックすると元のサイズで表示します


そして、招かざる雨が降り出しました。
テンション・ダウン
稲含神社で雨宿りとしましたが、天気が快復する気配はありません。

もちろん、山頂は360度の真っ白い展望でした。
このあと、秋畑稲含神社に回って神の水を眺めて戻りました。

クリックすると元のサイズで表示します


いかに悪天候の日でも、ハイカーの一人くらいはと思ったのですが誰にも会わない静かな山でした。
稲含山は晴れた日に訪れたい山ですが、前回に続きまたも展望は叶いませんでした。



山歩日2010年10月31日


にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρ今日も元気にお願い!ポチッ★(^○^)/


0




AutoPage最新お知らせ