2010/11/5 | 投稿者: クロちゃん

秩父発5時20分で吉井インターから上信越道に乗り佐久インターで降りました。
休日割引のETC料金は850円です。
登山口の浅間山荘を目指して行くと気温がぐんぐん下がりました。
浅間山荘に7時30分到着です。この時の気温は手足が凍える1度でした。車から降りると…。
さぶ!

クリックすると元のサイズで表示します


さすがに百名山の登山口で、駐車場の車は賑わっていますが、人影は少なかったです。この時間には出掛けて行った人が大勢いたようです。
この登山口には綺麗な水洗トイレもあります。駐車料金500円也は下山後に支払いました。

さあて気合入れて行くぞー。標高2500mを超える前掛山までピストンです。標高からしてどんな登り坂が待ち受けているでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
↑山の上に白いジョーズが現れました。

と思ったら、気合い空回り・拍子抜けの道が続きます。
「いよいよこの先が急な登りだろう。」と何度も思いましたが、緩やかな歩き易い道が続き火山館まで来てしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します


事前に地図で確認すればおおよその見当がつきますが、地図は持っていても迷った時かコースタイムを確認する時にしか取り出さないので、思惑と実際がずいぶん違うことが多いのです。
標高差1114mは帰って来てから知りましたが、そんな標高差を感じない緩やかな道が続きました。

前方に雪化粧した山が見えました。

クリックすると元のサイズで表示します
↑まあるい浅間山


同行のkeykunはアイゼンが必要かなと心配していますが、場当たり主義でなんとかなるべぇ精神の私はまったく意に介しません。
雪歩きが出来るかもとルンルン気分です。

火山館前で一休みとしました。ここにもトイレがあります。料金表示が見当たらないので無料で良いのでしょうか。最近は山のトイレはチップ制のところが多いですが、料金箱も見当たりませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します


火山館まではカラマツの紅葉を愛でながらの道でしたが、この先はどうでしょう。
いよいよ本格的な登りなのでしょうか。
白く化粧した周囲の景色を眺めて一層気を引き締めました。
この時点ではちょっと強い風が心地良かったのですが、この後まさかの坂が待ち受けていました。


「前掛山頂に試練の道」に続きます。


山歩日2010年11月3日
コース 秩父5:20---吉井IC===佐久IC---7:30浅間山荘P7:50…8:20一ノ鳥居…8:45二ノ鳥居…9:45火山館(休)10:00…


にほんブログ村 アウトドアブログへ ←ヽ(^o^)ρ浅間山にお願い!ポチッ★(^○^)/


0




AutoPage最新お知らせ